2021.09.15

なにより、いのち! 野党統一で政権交代

「なにより、いのち。」9月8日は歴史的な日となった。野党4党が政権交代に向け政策合意、協定を結んだ。
立憲民主党の枝野代表は「各政党が違いを認め合い、もっている強みを活かしながら頑張れば、政権交代はできる」と力を込めて挨拶。
 憲法を土台にする事はもちろん弱肉強食で貧困格差を広げた新自由主義にピリオド打つ点や温暖化をくい止める環境問題、原発をなくすエネルギー政策、男女間やLGBTなどの性差別、DVを無くす人権や雇用政策、国際ルールの核兵器禁止条約への同意、富裕層への公平な課税、消費税5%へなど20項目で合意した。
 拍手が上がった!本気の統一戦線だと信頼を感じた。
安倍、菅政権の9年間「嘘と強権」の自公政治の全てが問われる必要がある。国の「自宅療養」方針で息ができないと苦しみ家で亡くなった命。遅いワクチン、後手の感染対策で減収の長期化、支援も底をつき倒産や失業で自殺に追い込まれる命。まさに国の政治によって身近な命が奪われている。もう、政権交代しかない!
 思いを馳せる、県民が国会に送った庶民の議席、故・山原健二郎代議士の言葉。今がその時!『鶴翼の陣』

| | Comments (0)

後手の国!、困る地方!

 『暮らしと経済支援』は10月臨時議会へ先延ばし
市民生活悪化 国保・介護保険料、減免制度活用を!

コロナの影響、減免世帯が激増

 休業、失業などで収入が減った世帯が昨年度は一気に増え、コロナ特例による国保と介護保険料の減免制度の利用が通常より急増しました。
 コロナ前とR2年度の比較では国保料は通常の3~4倍、介護保険料は19~20倍へ。感染拡大の影響が長期化し、今年もこのコロナ特例減免制度が命や生活を守る大きな役割を担う状況となっています。
 
国は特例減免制度を打切りか

 一方で、国や地方財政委員会は7月7日R4年度の予算編成の議論をしていますが「固定資産や自動車税、国保や介護保険料などの特例減免を延長しない」決議をあげています。苦境にあえぐ国民を前に減免制度の打ち切りの動きを強めています。

| | Comments (0)

2021.09.13

お母さん、不安な日々を教育委員会に伝える いつでもPCR検査できる体制を求める

市教委=「濃厚接触者以外も状況に応じ検査する」
     「分散登校は、実施の判断基準を協議中」

Dsc_0014

 

民間検査の活用を!
    
 6日、NGO女性団体・新日本婦人の会高知支部、県本部が市教委と懇談しました。
 感染爆発中の学校生活について、特に国の指針で示された陽性者が出た場合の濃厚接触者以外のPCR検査をクラス規模で行うとした点で市教委は「保健所との連携の上」と言い、はっきりしませんが、お母さん達からは、保健所だけでなく民間検査を活かせば、今まで以上の検査ができるのではないか、先日の中央公園で行った無料のPCR検査の様な体制が必要ではと意見が出されました。

 

オンライン授業、どうなる?
 市教委は、感染不安などで学校に来ない子ども達が数校で存在するとし、家庭と学校をつなぐオンライン授業の準備ができた学校から実施したいとの事。その際「欠席」扱いにはしないと説明しました。 皆で協力して、コロナ災害を乗りきりましょう!
と話合いました。

 

| | Comments (0)

警備員ヨレヨレ日記を読む

「熱い中、ご苦労様です!」よく宣伝中に挨拶するのは、日焼け労働者の象徴である警備員の皆さん達。
どんな仕事なのだろう、警備業法では交通誘導員、空港や事務所などの施設警備員、現金や貴重品の運搬警備員、要人などの身辺警備員など4つある。中でも交通誘導員は誰もが知る存在だ、当時73歳の男性が書いた『警備員ヨレヨレ日記』を読む。
 低すぎる日本の最賃制度に苦しみ、それでも働かざるえない人間模様が記録されている。単にかわいそうな話ではなく実録・ドキュメンタリーの重みを感じた。
 日記のおじさんは、はじめ警備員の仕事を期待していた様だ。しかーし!先輩警備員に「警備員の喜びって何ですかね?」と聞くと「警備の仕事にまず、喜びはないの。納得できないなら他の警備員に聞いてみな、どう言うか」と聞かされ、唖然とする。
 愚痴を言うまいと頑張るが、身も心もヨレヨレしてくる。缶チューハイをあおり疲れたよと話すと、妻に「やっと警備員らしくなった」と褒められた。
 日記を読んで、笑い、驚き、納得、怒りなどなど・・。たぶん、今の政治をみてこう言うだろう「首相の交代なんてどうでもいい、年金上げろ!政権交代だ!」と。

| | Comments (0)

2021.09.07

『天球の城ラピュタ』から見える世界

 ただ事ではない気候変動、地球との繋がりを感じる。

 大好きな映画『天空の城ラピュタ』の主人公シータの言葉が蘇った「土に根をおろし、風と共に生きよう、種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう、どんな恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、土から離れては生きられない」。

 私たちの営みの真ん中には地球や命があるのだ。昔に戻れと言う事ではなくて、命や地球に歩調を合わせる政治こそが必要だと強く思う。コロナが浮き彫りにした様々な問題、今、環境や食料問題も私たちの生きる重大なテーマとなっている。

次の総選挙で政治の責任を大いに問いたい!

 高知の一大産業である観光を担う、旅館・ホテルの経営者の皆さんにコロナ禍の現場の実態をお聞きする機会があった。国の事業者支援は底をつき、無利子とはいえども借金を繰り返すしか、生き残る道がないのが現実だ。地元資本の企業は、仕入れ先も雇用の面でも地元を常に大事にしてきた。

 コロナ災害で県内企業が今、買収される窮地に立たされていると聞く。国も、県も、市も、本気で地元企業を守れ!!

| | Comments (0)

高齢者施設から減収補てん求める悲痛な訴え

『赤字80万』、汗と涙がにじむ現場

 手紙が届く。市内のデイサービス事業所の方から、利用者に陽性者が出たことで休業をする為、スタッフの給与保障や消毒業者への委託費など、収入がない中で出費も増えていると言います。

消毒委託費、24万は自己負担 行政の独自支援はまったなし!

 行政による支援制度が十分でなく消毒なども現物支給はあるものの大規模な消毒の必要性があり業者などに頼んだ場合は自己負担です。高齢者施設は重症化のリスクが高い現場であり、消毒作業を通常業務以外に行うには限界があります。利用者を思えば業者に頼んで早急な対応もしなければなりません。現場にこそコロナ対策予算を回して欲しいです。

自宅療養方針は弱者ほど苦しむ

 国の方針に従う県ですが、陽性者となった親子からの相談では、息子さんが顔面蒼白、高熱で苦しんでいる為、自宅療養から入院を求め、当初は入院できる流れでしたが息子さんに精神疾患がある事で病院側に精神科の人手が足らないと説明を受け、入院は急きょ取りやめになりました。障害があることで入院に制限が生まれている現状も改善が必要です。 

| | Comments (0)

2021.08.26

高知市の理不尽で怪奇な「校則」実態 

市内中学校「校則」「生活のきまり」実態 理不尽+怪奇!
愛宕中と大津中でツーブロック禁止! 日没後の外出は保護者同伴も

 

 ほとんどの学校で下着は白色と指定
    子ども達の息苦しさ浮き彫り!
 市内19校、すべでの中学校の校則に関する資料を取り寄せ、下着や靴下の色、髪型、スカートの長さ、規則の見直し規定、学校外生活ルールなど調べてみました。
下着の色を白色のみとしているのは5校、残りは白色でワンポンは認めるとしており、つまり、ほとんどの学校が白色を基本としています。
髪型では愛宕中と大津中が「ツーブロック」禁止と記述、議会質問で禁止の実態を認めなかった教育長答弁は虚偽でしょうか。また、多くの学校が中学生らしい髪型と前置きしていますが、中には男子は耳、眉、えりにつかないように切る。
女子は肩を超し伸びると二つに分けゴムでくくる、その場合のゴムの色も指定されています。
スカートの丈は膝下が8校、中には膝の真ん中、ひざ下5㎝、10㎝と計る所も、さらには、ひだ数を24~28指定する学校もありました。

 

校則見直し規定あり3校のみ
 全国的にも校則の見直しを求める生徒や保護者の声が高まっていますが、高知市では城北中、鏡中、城西中以外では見直しの規定や手順が生徒や保護者に示されていません。
 
生徒証明書を毎日持参 西部中・一宮中
 理不尽なルールが目立ちます。例えば食事が済んでも合図があるまで室外に出ない。休み時間も自分の教室以外に入らない。カラオケは保護者同伴。ちなみに商業高校では地毛や天然パーマは「頭髪確認届」を入学式終了後までに提出する事を求めています。

 

| | Comments (0)

2021.08.10

困っている人に優しい政治を!

 「共産党が強い所は住みやすいと聞いたよ」と、嬉しい声を頂いた。ある団地の奥さんが町の様子、市民の声を私に教えてくれる。
住民の声、暮らしの中には、私が働くべき大事な仕事があると信じ「役に立ちたい」一心で地域を回り議会で訴える生活をしてきた。議員は皆そうだと思うが。動けば動くほど多様な意見に出会う、どう受け止めるか、悩んだり相談したり、勉強の日々。
 ぐるぐる回る中で助けてくれる人が見えてきた。 街灯に樹木がかぶさり真っ暗な道だったが相談すると町内の方が素早く切ってくれ、明るい道に変わった。子ども食堂が万々にできた時も同じ、地域の方と子育て現場が、いかに大変な世の中か、学校や家でもなく安心できる居場所があるといいのにと話す中で、今の子ども食堂の原点となる皆さんに出会った。人間の「協力」という力の凄さを知る。
 なのに、与党政治は「自己責任」を強調しコロナで売れ残った米が空前の量、貯まり続けているのに子ども食堂や学生、困っている人に回そうとしない!

| | Comments (0)

森林開発や盛り土、安全対策の強化求める声、高まる!

住民 「土砂崩れの心配」 「この先どこまで盛り土をするのか」

Dsc_1903

高知県、全国土砂災害警戒、十一位
 国が調べた土砂災害警戒区域の調査状況(今年3月末時点)が公表されています。
土石流、急傾斜地、地滑りに区分けされ警戒区域の調査がされ、土砂災害特別警戒区域がどれだけ存在するかが示されました。危険レベルが1位広島県、2位島根県、3位長崎県・・・11位高知県、12位福岡県、13位静岡県などです。

 

安全対策の実態調査が必要

 

高知県の土砂災害警戒区域は1万8821ヵ所その内、特別警戒区域は6,791ヵ所です。
高知市には、どれだけ存在するのか。また調査されていないが危険と思われる盛り土や大規模な森林開発はどれだけあるのか。住民は心配しています。現在、森林法や宅地造成等規制法、採石法など一定のルールはありますが、中には届け出内容と実態が違う問題があります。

 

県「申告なければ判らないが実態」

 

市内北部エリアでは住民が森林伐採を指摘し、無届伐採と分かり、その後、届け出と植林が行われました。また盛り土問題で、指摘を受けた
場所があり県に安全対策の有無など、確認を求めました。住民の声が行政を動かしています。

 

 

| | Comments (0)

年金、医療、介護制度が後退、お年寄りに冷たい社会を変えよう!  専門家「基金の貯め込み常態化」「独自の負担軽減できる」

「高知市の介護保険料は引き下げ可能」

専門家は全体分析が不十分と指摘


 大阪社会福祉協議会の専門家、日下部雅喜氏(元自治体職員)に学習会を依頼、重大な問題が浮き彫りとなりました。
市は介護保険料の値上げを繰り返し、制度当初からみれば1.9倍に。その一方で20億円規模の介護保険料が「基金」として残る事態を毎回続けています。
 日下部氏は、介護保険制度は全国的に制度危機にあるとし、国の責任を求める世論の必要性と現場自治体が行うべき努力を指摘しました。
読売新聞の「約9割の自治体の首長が今後10年、現行制度の維持が困難」と認識しているとの調査報道を紹介、地方やお年寄りの責任にして済む話ではなく、国こそが財源の手当てをするべきと話します。
 また、高知市の現状は保険料の引き下げができる事や独自財源を投入して低所得者への負担を減らす事もできるとし、その根拠に、会計検査院の報告を紹介してくれました。その上で、高知市の努力が足らないとも指摘、特に基金が多額に残る原因が十分に分析されてない点や市長が基金の貯め込みを正当化している点を強く問題視していました。

 

国は年金引き下げを繰り返す、あげくに介護施設、食費補助の打ち切り強行


 介護施設に入所している低所得(非課税かつ貯金1千万円以下)の方には、これまで食費補助があり負担軽減がされていましたが、国は8月から補助を止めるとし、月最大4万4千円から所得に応じて月14万円に負担を増やします。市の施設入所者は約2千3百人。多くが低所得者と思われ、影響は計り知れません。

 

 

 

 

| | Comments (0)

«LGBTを学ぶ会 in 初月公民館