« 障害があるかもって! | Main | 夜の牧野植物園へ »

2006.08.23

夏の甲子園に涙が・・

 8月も終わりが近づきます。それにしても暑いので大変ですよね。
 先日、夏の高校野球全国大会が終わりました。たくさんの方がテレビなどで観戦していたと思います。私も決勝戦や再試合を見ていて涙がでました。それは、逃げない!あきらめない!真っ直ぐな気持ちがすごく伝わってくるからです。
 解説者は「歴史的な闘い」と言います。私もその通りだと思いました。こんなすばらしい試合を一生のうち何回も見られませんよね。
 体力の限界を超えさせるほどの精神的強さはどうやってできるのだろう? 「困難をのり越える時にこそ、人のやさしさや強さが備わるのだ」とあるお坊さんの本を読んだことがありますが、だとすると野球いうスポーツを通して彼らは人間の大事なことを身に付けていっているのですよね。
 彼らが試合のあとインタビューを受けていった言葉に表れていますよね!負けた方も勝った方も、「支え、応援してくださる多くの皆さんのおかげです!ありがとうございました!」といいました。 私こそありがとう!!です。
 私自身、困難にぶつかります。『困難』とは?と考えたら、いろいろありますよね。体力や能力、精神的な壁だったり、自分の力でないところで起きた問題だったり・・・。でも、困難を受け止めないとのり越えられないのでしょうね。辛さ、苦しさ、悲しさ、悔しさ、寂しさ・・・を受け止めることは大事なことだなと思います。その、のり越えようとする時に人が成長するのでしょうか? 高校野球を観戦して、私は人としてやさしく、強くなりたいなーと思いました。
 

|

« 障害があるかもって! | Main | 夜の牧野植物園へ »

Comments

 優勝を決めた早稲田実業ですが、まさか夏の高校野球で初優勝とは思いませんでした。1915年に夏の高校野球の第1回大会から参加してきたものの、去年まで“90年間優勝が出来なかった”そうです。それを乗り越えての初優勝ですから素晴らしいものです。
 そういう意味で考えたら、1922年に党創立以来“84年間万年野党”である日本共産党もそれを乗り越えて国政での政権入りをあきらめないで私も活動をがんばりたいものです。

Posted by: 生野区・嶋 泰輝TAIKI 34歳 | 2006.08.23 10:02 PM

ほんとうにごぶさたしています。(FOMAが
水没して、殆どの知人にこちらからは連絡不能状態です)
 勝った者だけがおいしい目をみる社会は世知辛く、味気ないとは感じます。
 が一方、勝負にすべての知力・体力・精神力を傾ける経験が、あきらめない気持ち、判断力や度胸、人格までも成長させることも事実ではと感じています。
 スポーツは、特に良きライバルのいるスポーツは、平和りにその経験ができる希有なチャンスです。僕も若い頃チャレンジしては負けを経験しました。(結果として負けても)胸を張って前に進める気持ちをもてるよう、うちの若い連中にも熱く語っていきたいと思っております。

Posted by: 山田のこうちゃん | 2006.09.06 11:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏の甲子園に涙が・・:

« 障害があるかもって! | Main | 夜の牧野植物園へ »