« 朝から格闘!愛VSトカゲ | Main | 新堀川工事、知事=「検討」 »

2006.09.13

新堀川へふた、4車線拡幅道路工事はいま必要なのか?

新堀川へふた、4車線拡幅工事の必要性を問う!!

 ○平成七年に決定された都市計画道路「はりまや町一宮線」の4車線化工事を県と市が一体となって進めようとしています。しかし、新堀川にふたをする計画に対して、環境や歴史文化、観光などの問題や計画当時より交通事情も変化していることなどから、地域を含め、多くの方から「4車線化の必要性を再調査するべき」などの声があがっています。

 交通事情の変化をふまえ、歴史と文化を活かしたまちづくりを!

 平成18年度の工事予算は総額9億3千万円 (市負担6千780万円)
 事業の目的は4車線化すれば、はりまや橋に集中する交通緩和・通勤の混雑解消など都市機能の向上が図られるとしています。南北交通の混雑の解消が言われていますが、交通量調査でもこの5年間で1割減っていますし、人口減や高齢化による車の保有数の減なども明らかになっています。またJR高架事業が終了すれば南北の混雑問題は十分解消されると市長も認識しているところです。


 50年100年かけての街づくりの視点を!と橋本知事

 橋本知事は、自らのブログで土木の専門家からのお便りを紹介しながら、まちづくりに対しての考え方を発言しています。お便りの要旨は以下のとおり。
 『国土交通省が東京の日本橋の上空に首都高速道路を建設したのは失敗だったと反省している時代に歴史的遺産をつぶして道路をつくる感覚が信じられない』『小樽運河も油津の運河も埋め立ての危機にあいながら歴史的に魅力ある街として蘇った』『観光立県を目指しているはずなのに、歴史という最も観光に重要な遺産を捨て去ろうとしている』『小樽や油津もかつては汚いドブだったので高知でもお堀を活かした街づくりは可能』
 
この指摘に知事は以下のように発言しています

 『財政難を理由に方向転換することで、関係者のメンツを保つことができるのではと提案されていましたが、僕は逆に正面から文化や環境の価値を打ち出していく方が、国には受け入れやすいのではないかと感じています。』
『高知市内では、県外の企業が落札をしたお城近くの土地から、歴史的な空堀が見つかったという事例もありますのでこれからを活かした50年100年をかけての街づくりの視点が今求められていると感じている』と。みなさんはどう思われますか?

 まちづくりの方向とは!
 新堀川地区の『はりまや商店街』が厚生労働白書で紹介される

 厚生労働白書では「地域の支えあいと職場(働き方)の見直しと題して地域において人がどう支えあうかを書いています。
 特に商店街を中心とした地域づくりが成功しているとして、高知県高知市・はりまや橋商店街が紹介されています。 衰退していく商店街をどうしていくかが、住民や商店街の方達の悩みでした。
 2002年から店舗が立ち退きその空き地165平方メートルを「わくわく広場」と名づけて毎週金曜日にはりまや商店街サロンとして色んなことがされています。 
 私も参加しましたが、テントがあって、七輪がおかれ商店街の金曜市(地域の物産産市)などの食材を自由に焼いて食べれるというスペースがあります。私も市で買ったばかりのお餅を焼いて食べていると隣では、同じく市で買ってきた干物を焼いているおばあちゃまがいます。すると、おばあちゃんは私に「干物美味しいき、食べてみ!」と言います。私も「そしたら、お餅もどうぞ!」 と知らないおばあちゃんとの会話が弾みます。
 また、IT、インターネット、ホームページ、ブログの交流コーナーがあって、それがきっかけで広場の方と知りあいになり、私はこのブログを発信することになりました。今もネット、交流の輪が広がっています。
 また、介護予防の一環で行っている高知市の「いきいき100歳体操も」広場の近くに介護士などを招いてしているそうです。毎回、金曜市に合わせて20人ぐらいが参加しているようです。
 
 住民の方の思いが伝わります!!
 近くの新堀川で釣堀り大会
 

 すぐ近くにある新堀川では、釣り体験ができたり、夜には川辺にキャンドルを並べる取り組みや、近くの小学校は貴重な歴史遺産をフィールドワークしたり、最近は地域のお祭りも復活したり・・・。魅力あるまちづくりが進んでいます。 自由民権運動、坂本竜馬ともゆかりの深い歴史遺跡や文化の残る地域です。
 どこにもまねができないまちづくりができるということは、すごく貴重だと思います。

 
 

|

« 朝から格闘!愛VSトカゲ | Main | 新堀川工事、知事=「検討」 »

Comments

いくらお金がないからといって津野町や東洋町が核廃棄物施設を誘致する動きが出るなど「貧すれば鈍する」現象が起こっています。
 お金がないなりに、お金をかけずに「はりまや橋商店街サロン」は賑やかになっています。行政の補助はありません。

 知恵を使ったまちづくりが問われています。核廃棄物問題は絶対に阻止しませんとこうしたまちづくりも出来なくなりますので。

Posted by: けんちゃん | 2006.09.14 at 09:05 AM

新堀に4車線のぶっ飛ばす道が出来ると地域は分断されます。新堀小学校もやかましいことでしょう。
そして、なによりも恐れることは菜園場町商店街への影響です。
バイパスが抜けたらどうなるか、赤岡や高岡、須崎市などで幾らでも見てきたところです。

Posted by: 下司孝之 | 2006.09.18 at 05:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16434/11877258

Listed below are links to weblogs that reference 新堀川へふた、4車線拡幅道路工事はいま必要なのか?:

» 新堀川草の根観光祭り [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 西岡謙一さんの発案で、9月10日(日曜)は午後4時過ぎから。「新堀川草の根観 [Read More]

Tracked on 2006.09.14 at 08:59 AM

» 厚生労働白書ではりまや橋商店街サロンが紹介 [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 はりまや橋商店街金曜市七輪サロンをいつも企画・運営されている西岡謙一さんから情 [Read More]

Tracked on 2006.09.14 at 09:00 AM

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [Read More]

Tracked on 2006.09.15 at 04:32 PM

» 最初はグー [へなちょこ自然保護]
 環境省は環境を守るのが仕事ではない.守るふりをするのが仕事なのだと言った人がいる.  希少野生動植物保護条例というものが各県で作られている.どの県のものも内容は似たようなもの.自然保護の担当課が,自然愛好家を犯罪者に仕立てて,自分たちは「自然保護をしています」というふりをして見せる.そのアリバイ作りのための条例ですね.  う〜ん.のっけからラジカルですね.もうちょっと違う調子にしようかな... ... [Read More]

Tracked on 2006.09.16 at 05:55 PM

» 高知市長の答弁 [ブログ「浦戸湾」]
 9月20日,つまり昨日の高知市議会で岡田という議員さんが新堀川の問題を取り上げています.岡田さんは,以前このブログで紹介したブログを書かれた方だと思います.「岡田さんのブログ」の記事を参照してください.人違いでしたらごめんなさい.  で,高知新聞の記事によると,その岡田議員の質問に対し岡崎市長は,道路建設をやめるつもりはないと答えています.新堀川の道路計画は,高知市内の交通網全体の計画の一部なので,やめたら大きな支障がある,というような趣旨のようです.  考えるまでもないことですが,道..... [Read More]

Tracked on 2006.09.21 at 04:22 PM

» 交通量予測。合理的根拠しめせず [土佐のまつりごと]
 20日、高知市議会で、友人の岡田やすし議員が、新堀川の暗渠化について質問。最近 [Read More]

Tracked on 2006.09.22 at 08:52 AM

» 新堀川の4車線化 「検討」と知事 [土佐のまつりごと]
26日、県議会で、先日の市議会の質問に続いて、新堀川とまちづくりで質問。知事は [Read More]

Tracked on 2006.09.27 at 06:59 AM

« 朝から格闘!愛VSトカゲ | Main | 新堀川工事、知事=「検討」 »