« 若者の就職応援! | Main | 息子の運動会! »

2008.05.16

蟹工船を各紙が報道!

20080503095907

日本共産党員で作家の小林多喜二が5年間という短い作家活動中に書いた作品「蟹工船」の書籍販売が100倍になったとか。若者に共感を呼んでいます。当時、小林多喜二は作家活動中に特高警察によって捕らえられ拷問を受け29歳で虐殺されました。共産党の活動家はもちろんメーデー参加の労働者や戦争に非協力的な人、思想までも国家は弾圧をしました。
未だに「治安維持法」のもと特高警察によって被害を受けた方への謝罪もありません。もちろん賠償もされていません。今年は確か治安維持法犠牲者に国家賠償を求める「治安維持法国賠同盟」の結成40年の節目の年です。
市議会の広報委員会の委員長ということで議会報告だよりという広報でコラムを書けます。名前が載せれないので誰が書いたかわかりませんが、「心機一転と蟹工船」と言う題で休憩室というコラムを書きました。広報あかるいまちと一緒に全戸配布されましたのきずいた方は是非みてください。
休憩室  「心機一転と蟹工船」の記事
 新年度が始まりましたね。気持ちも心機一転でと控え室に向かうと、机の上は書類の山です。窓の外は綺麗なみどり色、吹く風の匂いもさわやかなのに・・。自分の机をみて私の気持ちはトホホホーです。よっし!整理整頓!とこの原稿を書きながら決意をしております。最近、作家小林多喜二の作品「蟹工船」が若者たちの間でブームになっています。マンガ版も出ています。私も「蟹工船」を読んで若者がこの作品に共感する気持ちがよくわかります。皮膚を突き刺す冷たい雨、風呂にも入れない汗の匂い、棒で叩かれ寝る間もなく働く漁夫の姿。ネットカフェ難民、過労死、ホームレス・・現代の若者のたち多くの労働者の姿と似ていると思う。最後のページ「蟹工船」では漁夫たちはもう黙ってはいられないと立ち上がります。恐れるものもなく、なくなるものもないどん底だかこそ沸いてくる力のすごさを今こそ感じたい。

|

« 若者の就職応援! | Main | 息子の運動会! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蟹工船を各紙が報道!:

» 全国紙次々と「蟹工船」を特集 [土佐のまつりごと]
全国紙があいついで「蟹工船」ブームについて触れている(夕刊のない高知では紙面にの [Read More]

Tracked on 2008.05.16 04:53 PM

» 【動 画】元TBSア ナ川 田亜子 自 殺の真 相 [【動 画】元TBSア ナ川 田亜子 自 殺の真 相]
【動 画】元TBSア ナ川 田亜子 自 殺の真 相 報道キャスターを目指して昨年4月、フリーアナウンサーに転身した川田さん。局アナ時代とは勝手の違う仕事に前向きに取り組んでいたが、人には見せない悩みを内に抱えていたという。 http://kawadaana.blogspot.com/ そしてネット上にはまるでそのタイミングを図ったかのように流 出動 画が流れ始めた。 最初はビ.デオに撮られるのを拒むところから始まり、やがて嫌々な�... [Read More]

Tracked on 2008.06.04 12:33 AM

« 若者の就職応援! | Main | 息子の運動会! »