« March 2010 | Main | May 2010 »

2010.04.26

就学援助対象品目枠が拡大へ!

< 要保護児童生徒の就学援助対象費目を拡大 >
PTA会費などが補助対象に

 区分    単          価
小学校 中学校
学用品費(鉛筆、ノート、副読本等) 11,000円 21,700円
体育実技用具費     柔道   25,300円  7,300円
               剣道   50,500円
               スキー 36,300円

新入学児童学用品費等(ランドセル等) 19,900円 22,900円
通学用品費(通学用靴、雨傘等 )         2,170円  2,170円
通学費                       38,200円 77,200円
修学旅行費               20,600円 55,700円
校外活動費 (宿泊を伴わないもの)
(宿泊を伴うもの) 1,510円
3,470円 2,180円
5,840円
クラブ活動費(新規) 2,550円 26,500円
生徒会費(新規) 4,350円 4,940円
PTA会費(新規) 3040円 3,960円
平成22年度の積算単価(文部科学省資料から) 
2010年4月から、要保護児童生徒の就学援助費の対象費目が拡大しました。文科省は10年1月29日に開いた会議で、新たにクラブ活動費、PTA会費、学級会費について、要保護児童生徒の就学援助費の国庫補助対象としました。その理由に、新学習指導要領で部活動も教育活動の一環として位置付けられたなどをあげています。また文科省は、準要保護児童生徒の就学援助費についても、拡大した対象品目が一般財源化されているとしています。
【就学援助制度の一般財源化による影響分析資料】
参議院が民間のコンサルタントに委託し、就学援助費が一般財源化されたことでどのような影響がもたらされたかという調査結果も発表されています。この調査結果には、平成14年度から19年度までの各自治体別の要保護、準要保護児童生徒数が記載されています。参議院のホームページ(http://www.sangiin.go.jp)に掲載されています。
参議院のホームページ⇒調査室作成資料⇒経済のプリズム⇒各号別索引⇒第78号(平成22年4月)「就学援助制度の一般財源化─地域別データを用いた影響分析─」(付表 文部科学省「要保護及び準要保護児童生徒数について[学用品等])
 
 準要保護分の財源措置はどうか! 
 国はこの間も、財源措置していると答弁してきています。しかし、一般財源化され、わかりにくくなったうえ、国庫負担分は減り続け、市の負担が増えている状態です。
 今回も就学援助の対象品目の拡大は大変うれしいことですが、市町村負担が増えるものであれば問題です。
 県民所得の減少、生活保護世帯の増加している、財政再建中の本市にとって、これ以上の負担は難しく、制度本来の趣旨から考えても、就学援助制は国の責任で保障していくものですから、国の制度に対する姿勢が問われるべきです。 子どもの医療費無償化の拡大もそもそも国の制度として運用されるべきです。
 地方から声を上げていかなくてはなりませんね!!
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.23

野菜が高い~!

 キャベツ高騰!
 先日、スーパーで驚きました。 なんと!キャベツ1玉が398円なんですーーーー!!
えーー!高い!高い! 野菜の高騰はニュースでは聞いていましたが、実際目の前で値札をみると、衝撃です。
他の野菜も結構な値上げです。 これは主婦にとって厳しい事態です!
 健康を維持するには欠かせない野菜が値上げとは・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.04.22

各地へ選挙応援!

 この季節、各地方選挙が行われています。 来年は高知市も選挙ですけど・・。
土佐市の選挙に応援に3日、松山市議選挙に1日入るという一週間です。
昨日、松山の応援に始めて入りました。同世代の新人候補が2人も出ているということで急遽・・。
33歳の女性候補、35歳の男性候補です。ハンドマイクで松山市内の路地裏を宣伝して回りました。
素晴らしい候補者たち、同世代の戦いに私も元気をもらった1日でした。
 私が松山に自分で車を運転して行くと、事務所のメンバーに報告すると「愛さん大丈夫?」「飛ばされんで!」「お土産の心配はいらんき集中して運転せんと」「よ~うに、応援してきいよ!」と凄い心配されてしまいました。テレビ番組で有名な「初めてのお使い」状態でした。
 確かに初めて松山まで1人で運転するので少し不安でしたが・・片道2時間以上かかって遠いところでしたが、案外大丈夫でした。しかし、集中したため、お土産は買えませんでした。景色もわかりません。すみません!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.20

子ども手当てと高校無償化は「一般扶養控除」廃止による増税となる!

 高校にいけない子どものいる世帯は増税にしかならない!

 子ども手当て・高校無償化の実現はうれしいですが、一方で財源を扶養控除の廃止など国民に負担をさすことになっています。
 H24から「一般扶養控除の廃止」が実施されます。
地方、高知市では4月23日、市議会の臨時議会に議案として提案・採決されるよていです。(国は決定済み)
0歳から15歳の子どもがいる世帯は33万円分。16歳から18歳までは上乗せ分の12万円分が控除の対象から外れ、所得があったとしてみなされます。政府は子ども手当てや高校無償で給付される、恩恵があるがことを理由にしています。
例えば、私学も含め高校に行っていない「ひきこもり」の子どもがいる世帯やフリースクールなど通常のクラスではないところで勉強いている子ども達は「高校無償化」の対象とはなっていません。しかし、扶養控除が廃止となりますからそういう一部の世帯は増税にしかなりません。
 高校無償化の議論の中で、私学は当初は対象外となっていましたが、運動・世論の力によって無償化の対象になりました。まだ朝鮮学校は都道府県の判断となる見込み。国の姿勢が問われています。またフリースクールなど通常のクラスに通えない問題を抱えている子ども達、世帯への配慮・対策が当然必要です。
地域、現場から声を上げていきましょう! 民主党政権の政策のひどさが見えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.16

井上ひさしさんが亡くなる

 井上ひさしさんが亡くなった。4月9日、携帯の速報ニュースで知りました。
各新聞が井上ひさしさんを偲ぶ記事を書いていました。4月13日、毎日新聞はどこの新聞よりも大々的に書いています。「・・作品で社会風刺するだけでなく、言論の自由やへ平和を求めて積極的に行動した作家・・」と。国会前で座り、抗議する姿の写真と一緒に。
 私にとっては憲法9条の会、平和の人という印象が強くありました。 
NHKのラジオ、「深夜便」で内橋克人さんが井上ひさしさんの話をされています。この話が大反響を呼んだと聞きました。 14日赤旗しんぶんの「潮流」にも書かれていましたが、井上さんの有名な標語。『むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでもゆかいに』。この言葉、最高の標語だと私は思います。
 ラジオで内橋克人さんからこの標語を聞いた、リスナーからアンコールが殺到し、朝の「ラジオビタミン」で何回も紹介されたそうです。 
 相手に伝えることの難しさ、私自身、仕事を通して実感していますが、だからこそ大事な言葉ですよね・・・。
私も目標にしたいです!


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.05

愛宕商店街を歩いて・・


 100331_113301


 愛宕商店街を歩いて挨拶に回っていた時、あるお店の店主が可愛い子犬を抱いていました。
お話を聞くと生後2ヶ月だそうです。癒しになるそうです
 愛宕商店街の皆さんから、「景気がよくならんかったら、もうダメや!閉めんといかん」
どこのお店も「政治と金」政治のゆがみに大きな怒りをもっています。
団体献金や政党助成金をもらわずに政党活動している共産党の値打ちが輝いていることを感じました。
 10円、20円でも安いものをと切り詰めている庶民と、あまりにもかけ離れている政治にみんな口をそろえて
「変えんといかん」と言っています。 「政権交代」から「政治の中身を問う」という意識の変化を感じました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »