« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.24

参議院選挙本番!

 いよいよ、選挙も本番へ。
上町二丁目の日本共産党事務所での出陣式に出てきました。
300人近くの方が来られていたでしょうか。
特に今日の日差しはきつく、汗を拭きながら候補者の挨拶を真え剣にききました。
ある方から寄せられた、メッセージに「出陣式を向かえ、身震いを覚える・・・」とある。
 昨日、沖縄の慰霊の日がニュースで全国に流れた。
残された遺族の言葉や普天間高校3年生、女生徒の挨拶を聞いて、メッセージの「身震いがする」の意味がわかる気がする。
 これは、沖縄の闘いに連帯する意味もある。 
65年前、今日の暑さの何十倍もの戦火の中、犠牲になった幾万(20万人)の尊い命。
 戦争という、『負の遺産』を負う国民の一人として、沖縄の高校生が語った。
二度と繰り返してはならない戦争。平和を深く愛する連鎖にかえたいと・・・・。
菅首相も挨拶したが、沖縄に基地が集中している現実に「感謝する」「お詫び」の気持ちだと話した。
沖縄の県民の気持ち、苦しみが本当にわかるなら、どうして日米合意が進めれるのか・・。
裏切りとしか言いようのない政府の姿勢に県民の怒りはおさまらない。
 数年前、沖縄国際大学に墜落した米軍ヘリの大きさは、大型バス2台分もある。
 基地があることの恐ろしさを痛感した事件だった。
 沖縄・普天間基地のフェンスから30メートルの普天間第二小学校は今も、米軍基地が落ちてくることを想定した避難訓練をしている。
 そこで働く先生はこう話したという。「どんな頑丈な窓をこしらえても、爆音に消される教師や生徒の声」「子どもにして難聴の子が多い」
 見せてもらった写真に私は涙がでた。
グランドで、両耳をふさぎ、しゃがみ込む子ども達の姿です。
この状況をしかたないと言えるだろうか!「お詫び」ですむだろうか!
「感謝する」など何事か!と言いたい。
許してはならない現実です。
 堂々とアメリカにものを言うべきです。
この身震いするような怒りが今、全国に広がっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.16

市営住宅『闇』募集の実態!

二つの申請書の存在!
 高知市は市営住宅の募集を年3回行っていますが、その募集が①全市的に募集する用紙と②旧同和地区を対象に配っている用紙と二つあるという問題があります。
 同和特別措置法が廃止され、同和地区を特定した政策はしない。一般事業と同じく公平にすることになっています。
 しかし、市はいまだに、旧同和地区の市民会館で市営住宅の募集案内を特別に配っています。
 同じ市営住宅でありながら募集を分け特別扱いを行うことは大問題です。
 入居倍率でも格差!
 ①一般住宅向け住宅の倍率は12・9、②地域改善向け住宅の倍率は1・95。約6倍の差が生まれています。市内どこに住んでいても、低所得者や住宅困窮者も増えている状況の中で、こういった差がうまれる様な募集を行うことは許されません。
 早急に見直すべきです!
 市は財政的に新たに市営住宅を増やす状態にないから倍率が高くなっているという理由を答弁してきましたが、現在ある市営住宅の募集の仕方に差異を設けるのは大問題です。
 
 
 *募集は平等に行うべきという世論を強めていきましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.14

小鳥が我が家へ来る!

 100613_173502
100613_204102

 久しぶりに南国の実家に息子がお泊りに行きました。翌日迎えに行くと、私の父の手のひらに黄色の小鳥がとまってます。可愛いインコで、名前は黄色だから「キーちゃん」というそうです。最近買い始めたと父がはなしてくれました。息子も従妹やおじいちゃんと一緒にキーちゃんと遊んでいます。 キーちゃんは人間を怖がらず、自由に飛んだり頭や肩にとまったりしています。 可愛いので、僕も家で飼いたいとせがまれ、ペットショップへ行くことに。
  ハムスターが亡くなって2年が過ぎて・・・・。昨日、小鳥のお世話を約束し2羽飼う事になりました。
 白い羽の子と青い羽の子です。名前は話し合った結果、シロちゃんとアオちゃんとなりました。
 我が家へ来て、新しいゲージに緊張したのか、一時の間鳴いてばかりでしたが、今朝は目もパチクリ元気そうです。 餌はあわや雑穀をたべます。 ハムスターは夜行性でしたが、インコは人間と同じく夜ねます。大人になると言葉も覚えるそうです。信頼関係が築けると、実家のキーちゃんの様に手や肩にもとまったりするそうです。
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »