« 市長選挙を前に思うこと・・ | Main | 高優賃住宅で生活保護者排除 »

2011.10.04

競馬への前倒し

 競馬事業、5億円前倒し

 平成15年4月、競馬の累積赤字は約88億円だった。経営の健全化が求められ、県15分の11、市15分の4の割合で累積赤字の解消計画が立てられた。当然、単年度収支は黒字が条件で赤字は許されないという合意がされた。市の一般会計からの赤字補填は平成24年に終わる計画だった。
 それが22年度に残り2年分の5億円の前倒しを行った。平成22年3月議会、当時の委員会質疑で黒字経営が見込めるので一般会計からの赤字補填額減らし先延ばしすることは出来ないか?という質問に、商工観光部長は「県・市の協定、が前提で計画的に返済しているので負担を減らすことは困難である」と答弁している。
 21年度末の委員会質疑では計画に従うとしていたのに、よく22年度の補正で前倒し2年分5億円・・・
 前倒しを行うとした時の質疑中、補正予算の説明は「県が21年度末で償還を終えたので市もできるだけ早く償還したらと県から依頼があって財務部と協議して決定した。一定そういった財源面で余力があるという中で・・・・やりくりつくものであれば繰上げ償還するほうがいいのでは・・補正をお願いしたい」と答弁しています。
 
 市は財政再建中であり、県と足並みそろえる為の前倒し返済ができる余裕はないと思うが、5億円が財務部との協議で出てきた。
 繰上げ償還のメリットは利子分がすこしやすくなるだけ。

競馬収支では基金が9千万円あり、調整しながら予算を組んでいるが、競輪と違い自場売り上げが安定していると思う。県の方のお話では「努力は必要だが、基金を取り崩さないで単年度収支、黒でいけるのでは・・」との意見を聞く。
 一般会計からの支出をどれだけ抑えるか、事業見直し、民間委託、人減らし・・・いろんな削減が行われるなかでの5億円。市が急いだ理由が、なんとも理解できない・・
 もう「財政難」だから我慢してくれとはいえないと思う。
 
 

|

« 市長選挙を前に思うこと・・ | Main | 高優賃住宅で生活保護者排除 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 競馬への前倒し:

« 市長選挙を前に思うこと・・ | Main | 高優賃住宅で生活保護者排除 »