« 「せとメガソーラー」施設へ訪問 | Main | 3月議会 代表質問質疑 »

2013.03.01

 愛するツレの話

 「ツレ」という言葉なんだが気にいっているこのごろ

 ツレはたくさんの愛情をくれる。弱虫の私に
 いくつもの本ややさしくなれる言葉も与えてくれる。
 笑いもくれる。怒りもする。←(ツレの怒りはいつも私の怒りの強さにかき消されているハハハ)
 大体、困らせることは私が原因だ。
 ごめんねツレ、ありがとうツレ!
 最近、ツレが買ってきた「ツレがうつになりまして」の本にはまった。
 ツレに感謝の気持ちでいっぱいになった。
 100分で名著シリーズも面白い、ツレの影響をかなり受けている
 
 ツレを見てるだけで安心する。寝てると起こしたいぐらい。←(起こすと怒られるので起こされん)

 ツレを思うと吉田拓郎さんの歌『全部抱きしめて』を思い出した
 ツレと私にぴったりの歌だと思う。

 歌詞を紹介します。

吉田拓郎
全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて
ずっと大切にしてたわけじゃない
だからなにも信じられなくなっても
ぼくを試したりしなくていいんだよ

いいさ落ち込んでだれかを傷つけたいなら
迷うことなくぼくを選べばいい
さびしさの嵐のあとで
きみの笑顔をさがしてあげるよ

きみがいたから勇気を覚えて
知らない場所も目をつぶって走れた
きみのためにできることを あれからずっと探してる

全部だきしめて きみと歩いて行こう
きみが泣くのなら きみの涙まで
全部だきしめて きみと歩いて行こう
きみが笑うなら きみの笑顔まで

ひとりになるのは誰だって恐いから
つまづいた夢に罰をあたえるけど
間抜けなことも人生の一部だと
今日のおろかさを笑い飛ばしたい

なにかをひとつ失した時に
人は知らずになにかを手にする
きみのためにできることを あれからずっと探してる

全部だきしめて きみの近くにいよう
星になった歌も 過ぎた想い出も
全部だきしめて きみの近くにいよう
きみが黙るなら きみにささやいて

全部だきしめて きみと歩いていこう
きみが泣くのなら きみの涙まで
全部だきしめて きみと歩いていこう
きみが笑うなら きみの笑顔まで


 ツレへ、いつもいつもありがとう!

 

|

« 「せとメガソーラー」施設へ訪問 | Main | 3月議会 代表質問質疑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference  愛するツレの話:

« 「せとメガソーラー」施設へ訪問 | Main | 3月議会 代表質問質疑 »