« September 2013 | Main | November 2013 »

2013.10.21

公共交通のこれから

住民に愛される交通政策へ 

 全国どこの地方でも公共交通問題が課題となっています。
 国土交通省も利用者の減少と採算悪化による料金値上げなどでサービスの低下へ負の連鎖をもたらしている。また、過疎地域では一層深刻化していると報告しています。
 高知県・市においても大事な政策です。現在、(株)土電の暴力団関与問題がきっかけとなり、「中央地域公共交通再構築検討会」が9月24日に設置され、土佐電鉄の社内改革への指導や提言を行う事と合わせ、中央地域の公共交通のあり方の検討が進められています。
 高知市も公共交通維持の為に赤字路線に対しては税金を投入し守っていますが、便数やバス停が減るのに赤字補填は増えるという状態になっています。利用者が増える様な取り組みへ施策の見直しが急務です。
 

 京都・京丹後市は見事に再生

  公共交通の再生を見事に行った京都の京丹後市の担当職員に話を伺いました。
人口約6万人、高知市の北部と同じような過疎の町です。平成17年に大規模な市民アンケートを実施し、どこまで乗っても上限200円バス、6歳未満は無料に切り替え、バス停も増やし、今では利用者を2倍に増やし約3800万円もの赤字補填を解消させています。
民間事業者が担う路線と市営路線をわけた運行路線に再編し、民間任せで赤字補填額を増やしてきた公共交通を大きく改善させています。高知市も見習う所の多い、再編の成功事例です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.15

アンパンマンの流儀

私のこのごろ  

 ~ 半沢直樹も勝てない? ~

夕方、近所の2歳の女の子と散歩するこのごろ。
ママの話では最近、覚えた物まねがあるそうで、
何をするのか彼女に聞いてみた、怒った顔で「倍返ち」
なんと、驚きます!ドラマ「半沢直樹」の影響はすごい、
視聴率45%ともなれば、赤ちゃんまで、まねをする。
いつの時代も子どもは正義のヒーローが大好きだ、
しかし、半沢直樹も勝てないヒーローがいる。
 それはアンパンマン、絶大な人気は今も衰えていない。
彼女が握りしめているのはアンパンマンの紙バック、お守りようだ。
でも弱いヒーローなのだ、水に濡れると力がなくなってしまう。
懲らしめ方も弱くて、もう意地悪をしないと約束をさせるけど、
いつも破られてしまう。困っている人を助ける時は自分の
ほっぺをちぎって食べさせている。アンパンマンの流儀。
大丈夫かと思うほどやさしさに徹底しているヒーローなのだ。
子どもの世界では優しさこそ正義、大人の世界はと思うと恥ずかしくなった。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.08

日米共同防災(軍事)訓練を許さない

日本の外交・防衛はアメリカいいなりか!

 季節はいつも「諸行無常」。常に変化する、山はかすかに黄色になり始めた。
平和も諸行無常か、沖縄の基地反対の闘いは一色の赤でグランドを埋めつくした。 
納まらない怒りの中、高知の上空をオスプレイが飛ぼうとしている。
25日は国内で初めてオスプレイが防災訓練に使われる。土佐沖に護衛艦船「いせ」の配備、山口県の岩国基地からはオスプレイ2機が土佐清水にある航空自衛隊の分屯基地と香南市の陸上自衛隊基地に飛来する。
患者を搬送する訓練をするとしていますが、防災の為なら自衛隊の輸送ヘリで十分と思う中身。
これは防災に名を借りた日米共同の軍事訓練そのものです。
3日、東京の日米の防衛閣僚の会見で「沖縄での訓練を減らし負担軽減を合意した」と発言している様に、主は軍事訓練であることに間違いありません。

県民が望む防災訓練とはほど遠いものであり、知事はこの説明、状況で納得するべきではないと思います。県民総結集で日米軍事訓練の拡散を許さない怒りを突き上げましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.04

佐川町会議員選挙

131003_144802

  佐川の選挙の応援に行ってきました。 コスモスがあちら、こちらで満開! 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.03

放課後児童クラブ値上げ、議会の責任は重大

 市民不在の議会、値上げ案を認める

 27日、市議会閉会日に日本共産党市議団は今回の放課後児童クラブ値上げ案については今回、結果を出すのではなく「継続審査」することを求めました。しかし、少数で否決、値上げ案そのものは賛成多数で通されてしまいました。   拙速な判断を出すべきではないという理由は

① 子育て負担をこれ以上増やす時期でない
② クラブ保護者会との約束の協議無視での提案
③ 国が制度の質と量の見直し始めた中である
 大きくはこの3点から値上げ議案に反対しました。急ぐ理由のない状況であり、継続審査こそ、市議会は判断するべきでした。

 保護者に口止め、約束の協議出来ず 

 児童クラブ保護者会連合会(保護連)は、数年前から市教委に、「保護者負担金に関しては、必ず話し合いの場を設定すること」を求めており、市教委も「必要に応じて説明会を行いたい」と回答しています。しかし、市教委は保護連に対し8月30日、電話で引き上げについて新聞報道されるという事前連絡をしていますが、驚くことに値上げのことは口外しないでほしい「口止め」をしています。
 結果として、引き上げについて保護者が知ったのは、9月4日の突然の新聞報道。保護連は6日、役員会を開き、議案取り下げを求めて9日に教育長に申し入れを行ないましたが、想いを汲み取ってもらえず、議会提案されましたという経緯です。
市教委は25日に急きょ、説明会を開きましたが20名ほどの参加しかない上に「ルール無視」「取り下げるのが筋」などの声が相次ぎ、納得できないと協議の持ち越しとなっています。
この様な状況からすれば今回は継続審査とするべきです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »