« 県交通と土電が統一 公共交通のこれから | Main | 赤旗まつり »

2014.05.26

京丹後市、バス利用者倍増成功!

 京丹後市へ公共交通について視察を行ってきました。

京丹後市はの人口は約6万人で平成の大合併により面積は840平方キロと広く移動手段の7割強は車という状況です。公共交通の活性化への取り組みが成功し、現在ではバス利用者は平成17年からの5年間で倍増させています。結果、運賃収入が増え、市の赤字補填額も減少させています。
活性化をどう取り組んだのか、住民とともにどう進めてきたのか、大変勉強になりました。
 ポイント1、上限200円バス 2、路線と便を減らさず工夫 3、住民と対話
この取り組み、そして成功させている実績は高く評価を受けています。バス専門誌「BUSRAWA」では「日常的な利用につなげる仕掛けを繰り出しているのも画期的」 「人口減少の中、動機付け、フォローアップ、域外需要の取り込み、三拍子そろえる上で関係者の信念と情熱」も評価に。
 また、今年4月18日付けの日刊自動車新聞でも人口減少、少子高齢化時代に「京丹後市と丹海バスが協働してバス路線再生」と大きく取り上げています。
 国際交通安全学会は2013年度に京丹後市に業績部門で学会賞を与えています。

140521_130801


140521_155101

停留所でバスを待つお年寄りたち。


1、京丹後市の状況

 合併により面積は840平方kmで高知市の約3倍で人口は約6万人。
主な産業は観光産業との事、高齢化率は高知市とほぼ同じで約32%。
車の保有台数は1世帯に2台と高知市の2倍、移動手段の分担率でみると
自家用車は74.1%、バス1.1%、鉄道0.8%と車の利用が非常に高い状況。


2、公共交通網

 ・鉄道       北近畿タンゴ鉄道(三セク)
 ・路線バス     丹後海陸交通  (丹後全域、13路線、約410km)
 ・コミニュテイバス 京丹後市    (丹後全域、18路線)
 ・福祉有償輸送   社会福祉法人、NPO法人
 ・観光汽船     宮津市、伊根町

3、年間の利用状況

 鉄道利用は年間約3,000人のピーク時の3分の2に2,000人へ減少
バス利用は平成3年の1,367人から平成17年には半分に減少し675人になっていた。課題 *このままでは地域から公共交通が消滅、市の財政をさらに圧迫する危機
*マイカーにも頼れない高齢者が増えていく現状をどうするのか


4、路線バス再生への取り組み

① 庁内にプロジェクトチーム
2006年に結成。福祉、教育、観光、市民生活の分野などから横断的に職員(5人から7人)を招集し、初年度は18回会議を開催する。
*路線バスは公共交通の機軸と位置づける。
*利用者アンケートを実施(ターゲットを絞る、高齢者・中高生)
*低額運賃バスの試算⇒ 200円案(利用率2倍以上にすれば財政負担は減っていく)
*路線の利便性の向上策⇒ 回数券の車内販売、ダイヤ改正、停留所の増設・改善
             バス路線の変更や延伸、*ノンステップバスの導入、
車両の小型化、
  
*周知方法の改善⇒ わかりやすい時刻表の発行、アンケート実施、
老人会や高校に出向き対話集会、
運転手さんによる保育所などへ出前講座

② 市内8路線で上限200円バスを試行運行
*翌2007年には市内全体に200円バスを拡大
*停留所137箇所から178箇所へ拡大
*乗車人員が2.3倍へ、運賃収入は1.3倍へ

③ 市の財政負担の減少へ
*増え続ける財政負担が減少へ 
路線バス8路線の赤字補填 約8,000万円⇒6,900万円
 増えると想定されていた額からは約3,800万円の抑制となる


 「SKMBT_C35214052217530.pdf」をダウンロード


|

« 県交通と土電が統一 公共交通のこれから | Main | 赤旗まつり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16434/59707855

Listed below are links to weblogs that reference 京丹後市、バス利用者倍増成功!:

« 県交通と土電が統一 公共交通のこれから | Main | 赤旗まつり »