« 南国市議選挙 | Main | 道がないのに「道の駅」また大型開発事業か! »

2015.10.19

愛ちゃんアメリカを行く シリーズ①

Dsc00632


Dsc00541

Dsc00603


『愛ちゃんがアメリカに行く』   

 (大丈夫か?と言われながら・・)
皆さんのご理解のもと、姉妹都市交流の訪問団として、カリフォルニア州フレスノ市へ。 
無事に入国、TPPや沖縄米軍基地、安保問題など、日本の政治と密接な関係にある、アメリカ社会を肌身で知ることができました。
ベストセラー堤未果さんの告発本「ルポ・貧困大陸アメリカ」 「(株)貧困大陸アメリカ」を読んだひとりですが、この本の価値の高さを改めて感じる機会になりました。
今の日本のアベ政治が目指すものとは、まさにアメリカ政治そのもの。「アメリカ追随」この言葉が日本にはピッタリだと痛感。
 私の中に少なからずあった、資本主義経済に対する幻想はきれいに消えました。
「貧困と格差」の根元を見たと思います。空港のあるロサンゼルスは大都会。ライトアップされ輝くロサンゼルス市の庁舎、その下では若者もお年寄りもホームレスになっている。貧困も格差も日本の比ではない。
 ついに行政そのものが民間委託されていた、経済だけではなく政治の物差しまでもが「お金」なのだ。 つづく

|

« 南国市議選挙 | Main | 道がないのに「道の駅」また大型開発事業か! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛ちゃんアメリカを行く シリーズ①:

« 南国市議選挙 | Main | 道がないのに「道の駅」また大型開発事業か! »