« 過労死に思う | Main | 労働者は物じゃない!  »

2016.10.26

八反町・宝町町内会が要請 公園として残して欲しい!

Dsc_0201


高知市 「庁議にはかり検討する」 


 10月21日、八反町東町内会、宝町町内会、八反町子ども会、宝町子供会の皆さんが城北児童遊び場を
公園にする事を求める要望書を出しました。
 地域の皆さんからは「市立の公園として残してほしい」「遊具も撤去され、何にも使えない状況」
「地域にとって役立つ場所にしたい」「年度内、早期に回答してほしい」などの要望が出されました。

 町内会長さんは「私たちも市に文句を言いたいわけでなく、協力して住民のためにと思っている」
「住民に対する周知が十分でない、もっと住民の気持ちを大切にして欲しい」と熱く、訴えました。

 担当課となる生涯学習課とみどり課は「しっかり、検討していく」「庁議にかけ都市建設部として判断を出す」との回答でした。
 地域が知らないまま、遊具が撤去されて9ヶ月が経つ、市は早急に庁内討議を行い、地元に対して早く回答を出す必要があります。


小さくても、地域にとっては、大事な空間♪ 

|

« 過労死に思う | Main | 労働者は物じゃない!  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八反町・宝町町内会が要請 公園として残して欲しい!:

« 過労死に思う | Main | 労働者は物じゃない!  »