« 政府は「教育勅語」肯定、道徳や銃剣道の教科化へ | Main | 共謀罪は絶対に許さない! »

2017.04.05

公文書管理 改善というが

◎文書作成義務の明確化

 市は道の駅構想において公文書、決裁文書を意思決定後、調査予算の計上後に作成。その上、すでに退職している元市職員に印を押させていた。市は不適切と認め、改善策として4月1日から公文書の管理ルールが明確化を行なうとした。 
 改定ポイントは①原則、文書作成と保存 ②軽易な事案(事務の問い合せなど)は作成義務を除外 
③意思決定時に文書作成が困難な時は事後に作成すること。

 道の駅の決裁処理は③に該当するものだった様ですが、元職員が印を押す様な公文書処理は、不適切を超え「偽装」とも取れる。 ましてや、市長の決裁が必要な事業で、起きてはならない事です。
 新しく改定される公文書管理規定から見ても、あってわならない事であった事は明らかです。

|

« 政府は「教育勅語」肯定、道徳や銃剣道の教科化へ | Main | 共謀罪は絶対に許さない! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16434/65110820

Listed below are links to weblogs that reference 公文書管理 改善というが:

« 政府は「教育勅語」肯定、道徳や銃剣道の教科化へ | Main | 共謀罪は絶対に許さない! »