« 6月市議会質問 内容 | Main | 上下水道水 値上げは回避できる! »

2017.06.22

質問戦 感想と意見

質問感想と意見 はたメモ

共謀罪について

市長答弁 「法の必要性については、その判断が難しい」
      「高知県の県警本部長が恣意的な運用はしないといっている」

高知県内の大学人の声明や市民の影響をどう認識しているかとの質問に対し、刑法学者の高山さんの発言「科学的危険性などの根拠がないことから日本の法体系が根本から変わってしまうことへの懸念を表明してします」と、人の話を説明しただけ。 2問で、改めて市民の影響に答えていないと指摘、問うも、市長は、慎重な審議の必要性は言うものの終始、「判断できない」としか答弁しない。明らかに憲法上、問題がある法を判断できないとし、市民への影響も無視。市長自らの思う問題点への指摘は「恣意的運用」の点だった。ましてや、県警本部長が恣意的運用はしないと言っているとの答弁だが、当たり前で、それが何だというのか、納得、信用できるはずがない、恣意的運用を制限できる条文はこの法にはないからだ。刑法学者の高山氏の指摘事項を紹介しながら、そこだけ知らないことはないはずだ。 怒りが増した。


治安維持法について

市長答弁 「特高といわれる捜査機関が法を恣意的に運用し多数の犠牲者を出したものと考えます」
        「『横浜裁判』で当時、違法性は認められた。一方、賠償については、国家賠償法制度
以前の事業であり請求が棄却されております」

 悪法という認識は答弁からは、みじんも感じられない答弁で、背筋が寒くなった。
2問では同じ市民で治安維持法の犠牲者となった、詩人・槇村浩(本名・吉田豊道・29歳)の拷問死をどう思うか、国はせめて謝罪をするべき、そう思わないかと問うが、「国の問題」と転嫁した。市民が犠牲となった歴史を踏まえれば、市長は国へ名誉回復を求める立場だ。なんと冷たいことか。
 槇村浩を紹介する時、涙が止まらない、こらえるがだめだった。「泣くのはよくない」との意見もわかる、しかし、彼の死の経過を知れば、涙なくしてはいれない。拷問で多くの方が転向、思想を捻じ曲げられたが、彼は殺されることを承知で、意志を貫いた、29歳で命が絶たれた、どんなに無念だったか。
 横山龍夫市長時代に、彼の詩碑が城西公園に立てられた、その時の設置理由(緑審議会議事録)では「高知市出身の詩人、槇村浩は「日本現代詩大系」「日本の名詩」をはじめ、多くのアンソロジーに収録され、日本の昭和初期を代表する重要な詩人の一人であり、その功績は日本のプロレタリア芸術運動史に永く残るものであり、ゆかりの地に移転設置することは、高知市民の文化的資質を向上させるものである」と槇村浩の業績をたたえ顕彰している。それに比べて、今回の答弁は悲しすぎるものだった。市民の歴史、命への心がないのではないか。


上下水道事業について  

 市長   「過去に遡っての繰り入れはしない」
        「後年度の一般会計の繰り入れは基準外はしない」

 上下とも値上げを回避する為には、どうしても一般会計からの繰り入れなくして達成できない。
一般会計からの繰り入れへの考え方を2問で問うも、過去の繰り入れ不足への反省もなく、今後も法定外は考えていない答弁だった、これでは値上げは確実のものとなる。
審議会の答申でも「低廉な料金」「利用者間の負担の公平」が求められているが、これでは応えられないことになる。無責任すぎる答弁ではないのか、今後の議論の余地さえなくすものだと思った。水道法にもある、公共の福祉という考え方はないのかと言いたい。

上下水道事業管理者  「民営化はメリット・デメリットがあり十分な研究、検証が必要と考える」
              「水道料金は商品の対価、公平な負担をお願いしなければならないと考える」


 水を商品ととらえている水道局が民営化しないとは思えないと思った。水は単なる商品ではない、抑制に働けば暮らしや命にかかわることは、誰でも理解できることだ。現に公園で水を汲み暮らしている親子、お年寄りがいる。黒字を生むほどの値上げは幅おかしすぎる、2問で「黒字はない」=資産維持に消えるという意味の答弁があった。17.7%に値上げ幅については、国の目安を示しただけとの説明を繰り返すだけで、引下げの方向は、まるで見えない。「繰り入れ不足や市の努力」これに対する反省や熱意はないのだろう。 
 このご時世、水道料金を上げることの影響、市民の苦しみを感じないのだろうかと思う。

教育 教育勅語について

教育長  「1890年から廃止されるまでの間、国の教育方針であった」
       「現在は『教育は人格の完成を目指し~』という学習指導要領等が定められており、
       それに基づき本市の教育大綱も目標としている」


 教育委員会は教育勅語を否定しない、2問でも再度聞くが今は学習指導要領に沿って教育活動をしているとしかいわない。なぜ、教育勅語を否定できないのか、市教委の歴史やこれまでの考え方、そのものをくつがえす答弁にもとれる。教科書選定問題では、高齢者への感謝が足らないと「消防団のおじさん」を「消防団のおじいさん」、郷土愛が薄いと「パン屋さん」が「和菓子屋さん」となった。この選定を改定過程も含めて文科省はよしとしているのだ、おかしいとしか言いようがないが、教育委員会の答弁は「教科書会社が文科省の指摘の中で行なったもので、教科書会社を尊重する以外ない」とした、変更を求め、認可したのは文科省、おかしいいと、どうして、言えないのだろう。加計問題で元官僚トップが「行政がゆがめられた」と内情を告発したが、文科省のゆがみは、ここまできたかと言いたい。


自衛隊での職場体験について

市長   「県のからの重点指定はない、指定の話があれば理由など確認しながら、総合的に判断する」
教育長  「生徒、保護者の了承が前提、学年の教員内で確認、最終的に学校長が決定」
       「職場体験の内容は各学校と事業所等で十分確認されている、学校を通じ情報を把握してお
くことが必要であると考える」


 いまや自衛隊は一般的な職業ではなく、戦争に繋がるもので、将来、子ども達の生命に関る仕事となっている。だからこそ、校内討議、委員会討議が十分にされる必要がある。本人、保護者の了承の問題だけではない、職場体験に含めるかどうかの校内論議、委員会論議が十分にされているかを聞いているのに、答弁は現状を追認し、全体討議の必要性への問題認識がない。
自衛隊での体験学習の内容は教育委員会としても現地で、確認する必要があると再度聞くも、行く気がなく学校任せの答弁だった。これで、教育委員会として何が適切と判断できようか、情報の共有もできないまま、客観的に安全を保障できるは言えないはずだ。現場でほんろうされるこども達、教員の立場をどう認識しているのだろうか、教育の意義、怖さが改めて浮き彫りになった。
 先日亡くなった、太田昌秀・元沖縄県知事は平成22年NHKの「基地問題」を特集した番組の中で教育の怖さを語っている。「他人の犠牲の上に自分が幸せであることはできない」「私は教師には絶対になりたくないと誓った、どうしてかと言うと教師は怖い存在、教え方一つで100人でも1000人でも子ども達を殺すことを可能にする、戦争にかり出す前に命の大切さを教えず、命を犠牲にすることは国のためであり、人間として正しいと教えた、私はそう教わったから」と。 この歴史を踏まえ反省することが、戦後教育の原点である。
 自衛隊への協力の範囲は自治体の裁量であり、強制されるものでも、忖度する必要のものでもない。
 しかし、市長は自衛隊からの要請で重点指定の話があれば協議するとした。形式的に協議は必要な過程だか、断るとは言わない。今の国政は戦争法や駆けつけ警護等の設置で自衛隊の任務を自衛の範囲を超す戦闘を認めることにした。このもとで、義務教育までもが自衛隊を就職対象とし協力していくことに、教育委員会、市は何も問題を感じないのだろうか。
 2009年の情報公開資料では入隊のきっかけを聞いたアンケート調査では志願者の76.5%が誰かに進められており、その内約10%、10人に1人が、学校教師に進められたと答えている。防衛省が学校を「組織的募集」に組み込もうとする戦略は一定効果があるということだ、つまり今後、学校、教育現場への協力依頼は強まることは明らかな状況である。

 まとめ、市民のくらし、歴史に対する温かな心は後退したと感じた。そして暴走極める国政に物言える市政であって欲しいと強く思う質問戦でした。 言いたいこと沢山!時間が足らず、次に向けて!

|

« 6月市議会質問 内容 | Main | 上下水道水 値上げは回避できる! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16434/65443006

Listed below are links to weblogs that reference 質問戦 感想と意見:

« 6月市議会質問 内容 | Main | 上下水道水 値上げは回避できる! »