« 教育環境悪化 30人以下学級編成が困難に | Main | 教育現場が大変な事態に »

2018.04.24

セクハラ問題


 新緑がまぶしい!
テレビの中では違うまぶしさ、フラッシュの嵐がつづいている。
財務省次官のセクハラ辞職に新潟県知事の女性問題辞職。相次ぐセクハラ、人権侵害のニュース。
 特別ではない、日本は地方でも日常的に起きていると思う。
 赤旗新聞は下村元文科相の発言は「被害者を犯罪者扱い」するものだと報道、指摘した。 
 セクハラを訴えても黙殺する人や組織。
それでいいのかと怒りの世論が高まっている。ニューヨークタイム誌では世界中で「ME-TOO」(私も)運動が広がっているそうだ。
 被害者が沈黙を破り告発することは恐ろしく勇気がいるが、告発なくして改善はない。
テレビ朝日も女性記者の相談を結果的に黙認していた、ここに大きな問題を感じる。週刊誌が取上げなかったら世間は知らないまま。女性記者はトラブルメーカー扱いだっただろう。

|

« 教育環境悪化 30人以下学級編成が困難に | Main | 教育現場が大変な事態に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16434/66645357

Listed below are links to weblogs that reference セクハラ問題:

« 教育環境悪化 30人以下学級編成が困難に | Main | 教育現場が大変な事態に »