« March 2019 | Main | June 2019 »

2019.05.28

人間の未来

田んぼから聞こえるカエルの声とそよ風。

自然を感じる時、生きていると感じる、自分が生物、人間なんだと、つくづく思う時でもある。

 AI、IT、IOT、人間型ロボット・・・。

今やコンピューターなしでは生活できない時代にいる。これもまた人間社会であるが、効率化、平均化されていく、この先に人間の個性や多様性はどうなってゆくのだろう。

発明家と呼ばれる人達は共通して「失敗からの発見」と話す。AIも学習するというが、爆発的な「発見」があるとは思えない。あくまでも効率化の延長線上の産物。 ないもの生み出す「発見」は生物である人間の凄さと思う。そして人間は命に限りがあるのだ、永遠でないことの意味を思うと儚くて「今こそ最高」なのだと思いたい。

私にとって人生の大先輩であり、心の友でもある仲間が余命宣告された。悲しすぎる、いろんな思い出が蘇る。自分らしく生き抜いて欲しい。

心からの「ありがとう」を繰りかえす。

| | Comments (0)

縮小する「自治」の動きと地域産業のこれから

 国の「自治体戦略2040構想」とは

安倍政権は20年後の地方自治体のあり方について「2040構想」という方針を示した。

狙いは自治体のあらゆる事業を国内外問わず民間企業に開放し、公務の民間への置き換え、広域化や新たな合併、道州制への具体化、公務員の削減などを進めコンパクトな自治体を目指すという。

企業が公共サービスを提供することで住民と協同するという「自治」の本質が変ることになる。

営利が優先されるために様々な判断の物差しが「お金」になる。本当に目指すべき未来社会なのか、格差や貧困が解消するとは思えない。まさに、地方自治体の存在意義が問われている。

 

地域経済は暮らしのモノサシで

愛知大学地域政策学部・鈴木誠教授は地域産業が安定することで社会が成立ち、その上に個人の生活も成立つ、また人間関係や地域コミュニティが経済や産業を支えており全体のバランスが重要と強調。AIやロボット化の動きも「ダメではないが暮らしにどう影響するか厳しく見る必要がある」と指摘する。  

独自性や多様性は大きく後退

IT化により人間よりコンピューターが効率的だと言われ、同じ事を皆が求めだす。今や農業もロボットが生産、出荷のすべてを担える様になってきたが独自性は後退、市場競争はより過酷になっている。

人出不足が解消しても山村に人間が住まない事態に。人間が住めない町にコミュニティは出来ないし、国土も水源も守れない。結果、住民に支えられるはずの地域経済も町も消えていくことになると思う。

 

| | Comments (0)

2019.05.16

愛宕商店街と工科大共同 街づくり「世界一周カフェ」

次世代が考え動く街づくりに期待!

 Dsc_0853 Dsc_0863 Dsc_0858

 この間、愛宕商店街では空き店舗(組合事務所)を利用した多様な取り組みが行なわれてきました。例えば、百歳体操、けん玉遊び、バザー、音楽会などです。

大学生「商店街とのつながりを大切にする」

 工科大学・商品開発部は愛宕商店街と共同して、よさこい祭りの花メダルのデザイン開発、また金曜市と共同したお祭り、帯屋町では「お店マップ」作りに取組み、出会った企業とも商品開発をしてきたそうです。今回も学生の「やりたい声」を具体化。世界一周が楽しめるをコンセプトにカフェを開催することに。次世代の考え、やってみたいを、応援していくことは大事、商店街や地域にとって活性化のチャンスでもあります。どこも商店街もお店が減り、商店の皆さんからは「先行きはようない、見えん」とお聞きをしますが、愛宕商店街での若者達の模索が失敗や成功を経験し、新たな発見を生み出すかもしれません。世界規模の発想に魅力を感じます。愛宕商店街に来れば世界の多様な文化や食に出会ることができる場所になると面白いと思います!

 まちづくりファンド

 私も若者の真剣な取組みを応援したい一人です。高知市にはまちづくりファンド制度があり、まちづくりに資する提案には審査の上、予算が付き、取組みを行政も支える制度があります。いい動きは市も情報を共有し、積極的に連携して欲しいと思います。

 

| | Comments (0)

2019.05.10

長生きしてよ!ばあちゃん94歳

Dsc03842

 選挙後も、多くの皆さんから、かけがえのない励ましのお言葉を頂く。70代女性は「秦さんが自民、公明に勝った!嬉しい!」別の方も「気持ちがいい」と。選挙中は「一進一退」の様相で、一票を争う激戦だと感じていた。最後の一秒まで誠実に街頭演説に立った「お金がないのではない、市民を思いやる心が足らない」心が通じる市政、議会に変える大事な戦い、選挙なんだと訴えた。

連休は施設にいる祖母を訪ね、祖父の故郷である東津野へ。はじめは鴬の声すらも私には聞こえない。体中が張り詰めていたのだと気づいた。

次の日には自然の力に癒され鳥のさえずりが聞こえてきた。『鴬に振り返りし、花しょうぶ咲く、郷の山かな』

| | Comments (0)

2019.05.08

2019 市議選挙 5期目当選!!

1555896246628     すべては市民と未来のために

4月、市議選挙では日本共産党7名が全員当選、私は5期目を務めることになりました。

 前回に続き、トップ当選を果たすことが出来ました。これは地域の皆さんの「政治への怒り」「変えたい」など誠実な政治を願う一票一票が託され、その積み重ねが生み出した快挙、結果です。2期連続トップ当選の責任は重たく、その意義が問われる上でも、身が引き締まる思いです。

これからも市民の立場で、ぶれることなく、不屈の精神と笑顔と元気で、暮らし応援の先頭で取り組む決意です

市議会、議員をしっかりチェックしてください

有権者との対話の中で「選挙の時だけ、いい事を言う、普段は姿が見えんけど選挙が近くなると挨拶に来る、そんな議員がいる」と言われました。 議員には地域密着の心と行動が必要不可欠と思う。 地域を知る、人を知る、市民の心を知ること抜きに真に市民の為の政治はできないと確信します。また、市民の「世論」は皆さんが思っている以上に凄い力を持っていて権力の暴走も止められる事実を知って欲しいとも思います。

 私は皆さんの「力」を信じています。さらに協力の輪を広げ、市民の声が届く市政を一緒につくって行きましょう。新たな地域活動のスタートです。是非とも地域にお呼びください。

1557195381586 1557195404531

| | Comments (0)

« March 2019 | Main | June 2019 »