« 暑さに、泣き笑い! | Main | 蜃気楼とコロナ »

2020.09.16

鏡川、紅水川、久万川 浸水対策「土砂浚渫」計画

 県、予算約4倍化し土砂を撤去へ   温暖化による環境変化 頻発する豪雨にどう対応するのか県河川課に聞く
 市内の主要河川の浸水対策について県の河川課は大きく二つの事業に分けて取り組むとの事。
予算が増えたのは国の交付金を活用できる為。
         
写真:三翠園南・鏡川浸水
Imagesnb3kryfa ① 平成31年~令和2年の3ヵ年事業では鏡川、久万川(イオン南~一ツ橋)、あぞの川で現在、土砂の撤去が行われている。令和2年度中に完了予定。
②  令和2年~令和6年の5ヵ年事業では残りの鏡川上流付近(大河内、土佐山)、春野(吉原川)、久万川(西久万)で土砂を除ける。
令和2年度、久万川で越水対策実施へ

 

~ 地域要望が実る動き ~
久万川上流の近くには初月小学校もあるが、川の北岸、西久万と中久万地区の一部がこの間の頻繁する集中豪雨の度に繰り返し浸水被害を受けてきた。改善のために県は、七日田橋から西前田橋の約200メートルの区間で越水対策としてブロック(高さ20㎝)を設置する工事を行うとした。被害を受けている皆さんや町内会や自主防災組織の皆さんの訴えが形になりつつある。被害を低減させる為にも情報をお寄せください。

 

|

« 暑さに、泣き笑い! | Main | 蜃気楼とコロナ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 暑さに、泣き笑い! | Main | 蜃気楼とコロナ »