« 12月市議会 トピックス | Main | 津野山神楽  »

2021.01.18

新年抱負 競争から安心へ、格差食い止め、公平な社会目指す!

新しい社会へ 脱 『資本主義』 に関心高まる  

迎春、今年もよろしくお願いいたします。
皆さんはどんな「未来社会」にしたいですか。
コロナ災害から見えたものは病院や看護師、介護士さんが一年近く緊張を強いられ命と向き合い、コロナと闘っている時に政治が「GOTO事業」を行う、あげくに不要不急の外出は控えよと言う、貴重な税金の行き先も大手企業の委託費に集中し戻らない、いまや中小零細業者では「淘汰」が始まっています。
安倍、菅政権をみて、ホトホト政治が嫌になりますが、根源は何か。それは「資本主義」だからです。 
目の前の現実が示している様に、まさに1%の富裕層の利益の為に99%の労働者、庶民が苦しむ、地球環境だって破壊へと進む、このシステムこそ、このままでいいのかと、問われる必要があります。
アメリカの調査では18歳から34歳の若者が社会主義を「好ましい」と52%が回答し、その後、最賃の引上げや温暖化など環境政策を掲げたバイデン氏が大統領選挙で勝利しています。明らかに、今までとは違う社会システムを求める世論の姿です。日本でも!

|

« 12月市議会 トピックス | Main | 津野山神楽  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 12月市議会 トピックス | Main | 津野山神楽  »