« February 2021 | Main | April 2021 »

2021.03.26

禍根を残す、大成建設との工事契約100億規模

 高知市文化プラザ長寿命化整備事業の請負契約について   
「中央公契約指名停止モデル解説」の第3第6項によると、裁判の判決等を通じて、既に指名停止を受けた業者が当該事案の首謀者であった事が新たに判明するなど、極めて悪質な事由が明らかになった場合は、前回の指名停止が満了していても、その期間を差し引いた期間について、指名停止を講じる事ができるとし、二重処罰の禁止の原則には反しない、むしろ、発注者がしかるべき措置を取ることには、十分な合理性があるとしています。
 この点で本件工事の落札業者である大成建設は、リニア中央新幹線の新設工事において、談合逮捕があった事を受けて公正取引法違反と判断され「排除措置命令」が出されました。 その後R3、3月1日の会社幹部の逮捕、罰金の裁判において有罪判決が出されました。
裁判長は有罪となった大成、鹿島の両幹部に対し「2人が主導」と発言し、共同通信は有罪の「2人が主導」と報道しています。
 つまり、「中央公契約指名停止モデル解説」の第3第6項の新たな悪質性があるという裁判結果であり、市が説明している「二重処罰」には該当しないと考えますが、企業側は控訴する方向を示していいます。
 市はその事をもって判決が確定していないとして契約ができる判断をしていますが、15日の答弁では「極めて悪質な事由として、契約締結後、首謀者であることが確定した場合は高知市の指名停止要綱に基づいた、措置(指名停止期間の追加)の検討を行う事になります」また「本市工事請負契約書には、契約締結後においても、契約を解除することができる条項がある」とし、その要件は「契約した建設工事において、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、いわゆる独占禁止法の違反により、公正取引委員会から排除措置命令や課徴金納付命令を受けた場合」との答弁です。

 

 本議案の契約に関わる重大な有罪判決であり、裁判長の「主導」との判決の言葉は非常に重い事です。控訴を理由に相手側から訴えられるリスクに重きを置き、契約をすることは、優良企業の育成や入札時の公平性などの評価基準からも原則に反する契約と言わざるをえない、この契約は将来に禍根を残す判断であると思います。

 

| | Comments (0)

2021.03.24

職業訓練制度の活用を!

改善!職業訓練制度  資格訓練(無料)+生活費(月10万)
◎ 仕事を探し中、資格を取りたい方、対象

 雇用保険のない方も生活費の保障がされるようになりました。 
コロナ禍で、学生の就職内定率も悪化していますが、学卒者も国の資格取得・職業訓練の対象になります。 
シフトで働く方、休業中も対象!  
生活費の給付には条件があります。
収入月12万円以下(世帯全体では月25万円以下)又、貯金が300万円以下の場合です。
申込先:ハローワーク高知  電話:878-5320

| | Comments (0)

グリーンロード屋台どうなる?

 新屋敷事務所の玄関に地域の方から頂いた桜の木を植えて3年、この土地で、初めて桜が咲いた。皆が笑顔に!
先日、グリーンロードの屋台が追手筋の北から南へ移転する案が示されたが、移転先となる周辺商店や住民への説明がなく、衛生環境などの不安の声が上がっている。若手店主は「今でも増えたムクドリがフンをして近所はいつも困っている、鳥のフン対策や水道や水路の管理も心配」、「観光資源だ、共存だと言うなら、市はちゃんと声を聞いてほしい」と。
今、商店街では道路の歩道や空き地スペースを活用してオープンカフェ的な空間にしたいという声がコロナの影響で増えている。外は風が流れ、お客さんも来やすくなるという。それなのに制限が厳しく場所によって格差があるそうだ。空間の価値が高まっている!市はどう応えるだろう。

 

| | Comments (0)

市長に対する綱紀粛正決議は一転、表に出ず! 予算修正は否決、付帯決議も否決

市税1%「共生社会」関連予算に指摘多数、修正案が否決 付帯決議も否決に


行政不祥事の根絶と綱紀粛正を求める決議を止める闇の動き!

総務委員会は「付帯決議」 全員が了承が 一夜にして一転 与党会派が反対の動きに
 

総務委員会では大きく二つの議論がありました。

 一つは、市長公約の「共生社会」実現の為の市税1%制度に関連する試行予算が200万円計上されていますが、委員から「十分な課題整理や制度設計が出来ていないままでの予算計上は問題」、「一般施策との整合性が図られていない予算」、「一旦、取り下げを」など、このままの提案内容では予算を認められないとの指摘が多数出されました。
問題点は地域課題の把握や関連団体との協議、一般施策との整合性、目指す効果について十分な議論が出来ていない事、試行であれ補助金投入の対象が不透明である点など、全委員から予算への疑義が示され付帯決議を出すとの合意が総務委員会で確認されましたが、一転、賛同できないと与党会派が態度を変えました。

DV加害者に情報漏洩、責任を厳しく追及するが
 二つ目は、相次ぐ職員の不祥事問題、DV被害者の住所を加害者に情報漏洩した件で市長から謝罪や説明がない事は、重大な問題だと意見が出されました。示談が成立したとはいえ、個人情報保護法の20条「安全管理義務」違反、刑事罰「6か月以下の懲役または30万以下の罰金」の対象になる問題。又高知市個人情報保護条例・第13条「適正管理」を怠っている問題であり、行政が二次被害を起こしたとも言え、市の責任は免れない不祥事です。市長責任と綱紀粛正を求める決議を出す方向で総務委員会では合意しましたが、これも一夜にして一転、結果、議会に諮れないかたちとなりました。

 

| | Comments (0)

3月市議会報告 介護・国保「新たな努力見えず」値上げ強行か! 

第8期介護保険、過大計画による値上げ

質問戦では、専門家を含む審議会で委員から介護給付費の伸び率(見積)が高い、と見直しの検討を求める指摘がされていた事が明らかになったが市は高齢化に伴い、要介護者が増えると繰り返す。計画と実績の乖離は6期も7期も約3%(27億)ある。この乖離は計画に見合うサービスの供給が出来ない実態である。介護業界はそもそも経営難と人手不足に苦しんでおり、事業拡大や新規開業は無理な情勢。コロナが追い打ちをかけ計画に見合うサービス量の確保は、ほぼ不可能だと市は分かっていながら実態と乖離した計画の為に値上げを強行しようとしており、コロナ禍に配慮した新たな努力さえない実態が浮き彫りとなった。

市民にとって前進! 良かった動き

質問では、高齢者入所前検査にショートステイが追加されることに。また、求職、失業中の方への支援を求め、改善された職業訓練制度(授業無料+生活費月10万円)の周知を徹底すると約束、自己負担となるテキスト代等についても労働局と相談し負担軽減の判断をしたいと答弁。
 市営住宅の空き家がリフォームされず、貸せない状態にある事、特に小高坂地区の空き家の実態を紹介。市は市全体で11%、小高坂地区では23%あると認め、今後は予算を確保し、空き家の解消へ取り組むと答弁。市民の大変さに向き合う都市建設部に感謝!

| | Comments (0)

山本周五郎 「さぶ」

 作家、山本周五郎の作「さぶ」に新たな発見と癒しを見つけた。
江戸時代が舞台で、人間の「嘘」や「友情」「信頼」とは何かを問いかける、現代にも通じる大事な問題を描いていると思った。
江戸時代の殿様、徳川家康はその時代を生きる一人として「人生は重荷を負うて遠き道を行くが如し」と歌を詠んでいる。
大事な人たちを守るためのさぶちゃんの「嘘」、政治の世界の汚い「嘘」とは真逆であり幸せな心になった。
もう一人の主人公は、ふすま職人の栄ちゃんだが、8歳の時火事で両親と妹を亡くし天涯孤独の身、勤め先のふすま屋で「さぶ」と知り合い、住み込み、兄弟の様に働く。二人は切っても切れない生涯の相棒となっていく物語だ。弟分の「さぶ」にとって栄ちゃんは憧れの存在であり、生きる支えそのもの。その栄ちゃんが苦しんでいる時、不器用ながら必死に支える、さぶちゃんの姿に潤っとくる。
人生にとって大事なものは何か、真っすぐに生きる中に見つけた2人が羨ましく、清く見えた。
現代が失いかけている「幸せな心」のつくり方を教えてもらった気がする。

| | Comments (0)

« February 2021 | Main | April 2021 »