« March 2021 | Main | May 2021 »

2021.04.06

池江理香子選手にエール! 故・古賀稔彦さんに感謝!

「努力を信じる」素晴しさ
 水泳の池江璃花子選手は白血病から復帰し、五輪出場権を獲得した。
 東京新聞は「死にたい日々を乗り越え五輪へ」と奇跡だと報道。
 水泳選手にとって不可欠な要素、筋力や体重が激減し、誰の目にも苦しさが分かる。
 しかし、彼女はプールに戻って1年で苦手だったバタフライで優勝を果たした。
 会見で「『ただいま』という気持ちで入場した、自分がしんどくても努力は必ず報われる」と涙。
 その言葉に彼女の人としての生き方、凄さが伝わる。
 もうひとつの衝撃は柔道界の英雄、古賀稔彦さんが53歳で亡くなった事。
 学生の頃、柔道少女だった私は古賀選手の切抜き記事をリュックに入れ「あんな選手になりたい」と汗を流した。
 古賀さんはバルセロナオリンピックの時、練習で膝のじん帯を怪我し出場は無理と言われていたが、
飲まず食わずの減量で出場し準決勝では一番得意の背負い投げで一本勝ち!
決勝でも気迫と技の多さで圧倒し、悲願の金メダルを勝ち取った。
 なぜ、ひるまないのか。古賀さんは過去に大事な試合で負けてバッシングを受けた事がある、
その時「苦しいのは自分だけじゃない」と知ったと言う。
畳の上は独りに見えるが、皆と一緒に戦っている事、自分だけじゃない他者への感謝と尊敬の心が大事だと、心に刻む。

 

 

 

| | Comments (0)

花咲く筆山に山原さんが呼ぶ!

 土佐山の県道16号線、日の浦トンネル付近の山桜が満開!歓声があがった。
こんな絶景が高知市にあったとは!

Dsc_2051

 

別の日、筆山へ。展望、桜並木も最高にきれいでした。
故・山原健二郎さんのお墓がある。事務所を支えてくださる方達と手を合わせた。
墓石の隣の石碑には「南の熱き炎にくらぶれば赤き絨毯色褪せて見ゆ」とある。
人々や草花を大事にした山原さんの短歌を想像し、深呼吸した。
一緒に行った、のりさんが鮮やかな赤い「ツツジ」を活けてくれた。
写真左端、のりさんは優しい人だ。
誰かが困っていると助けてくれる。その姿は子どもに伝わり、いつも「あそぼー」と
子たちが呼びにくる。のりさんは歯がないけど子ども達のヒーローになった!

 

| | Comments (0)

選択的夫婦別姓意見書 歴史的な採択!

選択的夫婦別姓意見書 歴史的な採択!

 26日市議会最終日、市内女性団体が共同提出した選択的夫婦別姓を求める請願が採択され、同時に意見書議案として市議会の総意という形で国に提出することになりました。
同性婚を認める札幌地裁の画期的な判決や各地方議会から性別による不当な格差を無くそうと、選択的夫婦別姓の採択が相次ぎ、明るい社会の変化が生まれています!他、消費税減税や中国にょる海警法の撤回、潜水艦そうりゅう事故解明、コロナ対策予算の延長などを求める意見書は反対多数で否決となりました。

| | Comments (0)

« March 2021 | Main | May 2021 »