« February 2022 | Main | April 2022 »

2022.03.28

保健師、過酷な実態!

急に寒くなるのは春の訪れの証。自然界は命が芽吹く季節だが人間界はどうか。全国の自治体労働者の組合が過労死ラインを超え働かされる職員が増えていると会見を行った。月80時間が過労死ラインとされているが、労基法「33条1項及び3項」で公務員の場合は臨時的な時間外労働は青天井に許されるもとなっている。
コロナ第5派期の全国10自治体への調査では1カ月の時間外労働の最高は298時間だったとの報告がされた。
高知市ではどうか。2月の時間外労働の最高が154時間45分。多くがコロナ対応を担う現場。特に保健所業務や保健師さん達は危険な勤務状況であると市の資料から見える。国は今年に入り通知を出し、医師の面談を受けるなどの安全対策を求めていると、平然と国会答弁しているが、全く現場の痛みを見ていない大臣答弁だと思う。
現場からは「医師に休めと言われても替われる体制がない」の声がある。公務員は労働基準法の対象から外されているが、時間外月100時間越えは高知市では2月に4人も存在する。国策で保健所や保健師を減らしまくってきた国の責任は重大だ。この流れを変えよう!

| | Comments (0)

トリチウム安全チラシは回収を!

 国の復興庁と経産省は小中高等学校へ、すでに配布している放射能副読本にチラシを追加しまた。チラシの内容はトリチウムを「安全」と一方的な記載をし、さらに教育委員会を通さず、学校現場に直接配布しています。松下教育長にチラシ配布中止と回収をするよう求めました。
↓ 学校に配布された問題のチラシ
Photo_20220328110001

| | Comments (0)

春野仁ノ地区「小松の沼」 危険な盛り土問題 解決のために!

地方実態を踏まえ行政の『土砂撤去』責任を法改正に追加を!
市議団、行政支援を求め意見書提出へ  政府は今国会に「宅地造成等規制法の一部を改正する関連法案」を提出しています。
目的は熱海市など全国で起きている盛り土による災害から国民の生命・身体を守るためとしています。
内容は、盛り土等を行う場合、土地の用途やその目的に関わらず危険な盛り土は全国一律の基準で包括的に規制するとしており、住民や地方自治体の声を一定は受け止めた改正への動きであり歓迎するものです。ただ一方で、改正案では危険回避ができない問題も残っています。
 産廃事業、ゴミ処理事業は暮らし、社会になくてはならない大事な仕事です。だからこそ「環境を守る」という共通点を再認識して、事業者と住民が理解し合える関係が大事だと思ってきました。しかし、現実は熱海や小松の沼問題の様に危険を止められない事も起きています。
 どうすれば、環境と人間社会が共存していけるのか考えていく事が大事であり、その為のルール作りは重要になります。 

 

前進、一方「規制区域」実効性課題

 

法改正の大きなポイントは、盛り土による人家等への被害を及ぼす可能性がある区域を知事が「特別規制区域」として指定し、安全性を確保させる権限を持つ点です。
 具体的には土地所有者だけでなく原因行為者にも是正措置等の命令を出せ、無視した場合は知事の権限で、災害防止措置(危険盛り土の解消)を県行政が行えます。かかった費用は相手に請求できるとしています。
 ただし、県が「特別規制区域」に指定しなければ、危険解消は難しくなります。熱海災害の最大の教訓は、行政が事態の悪化を止められなかった事にあります。高知市の小松の沼問題も同じです。
 改正案では熱海市で起きた様な地形(斜面等)は指定できますが、小松の沼の様なケースは地形や地質等の条件から外れると考えられます。対象から外れた区域は許可なしで盛り土等が可能となる為、法改正するならば対象区域を設けずに危険な盛り土行為は規制し、安全措置も行政が取れる様にする必要があります。

 

 

| | Comments (0)

奇跡のピーコ

桜咲く、春。商店街の花屋さんで買ったミモザ。黄色が私の部屋を明るくする。
「涙の再会」ピーコという名のウクライナカラーの小鳥が飼い主のお婆さんの八反町の家に帰ってくる話に出会う。

Dsc_0206

 洗濯中に居なくなったピーコを探すため、知り合いに頼み、近くのお店に「連絡ください」と張り紙をした。何週間経っても帰ってこないと心配し、悲しみに暮れていたお婆さん。 
そこに吉報が届く!!警察署からの電話「お探しのインコではないでしょうか」。奇跡の再会だ!繋いでくれたのは小学生の親子だった。
お婆さんはお礼を伝えながら見つけた時の様子を聞いた。男の子は「逃げないで、そっと手のひらに乗った」、「僕のお母さんの肩にも乗って、次は警官の肩にも乗ってパトカーで行った」と。何一つ欠けても叶わなかった奇跡。
人の温かさ、繋がりで奇跡を起こしたピーコは、いつもの口癖「せつ子~バカ~」とお婆さんに挨拶したと言う。
ピーコの旅にはどんな冒険、発見があったのだろうか。小鳥のピーコは、どうしても大空を飛んでみたかったと思う。

| | Comments (0)

危険なインボイス制度

『インボイス』中止させよう!

建設、土木一人親方たち、怒りの訴え!「食うていけん」「給与の前借り」

 来年10月に実施が狙われているインボイス制度は、年間売上550万円程度であれば、約15万4千円の増税となる課税制度です。
特に中小企業や請負・フリーランスの方が増税の影響を受けます。具体的には、①取引からの排除、②取引価格の値引き、③消費税課税事業者への転換が迫られます。
事業者間の取引において「消費税の課税業者」なのかが問われる為、仕事を失いたくないならば課税事業者へと転換するしかない事になります。中止の世論を広げてください。

| | Comments (0)

介護現場をどう応援していくか! 厚労省は県へ通知

感染者対応ヘルパーさんの特別手当引上げを公費で認める

高知市の介護事業所も県へ申請を
 国は4日、訪問介護を行っている介護事業所が感染者や濃厚接触者に対応した場合、訪問ヘルパーさんの特別手当の引上げを認める旨の解釈変更を通知しました。(*昨年4月に遡り手当の増額の申請もできます。)
 
全国、4万筆もの署名が国を動かす!

「NPO法人暮らしネット・えん」が呼びかけたネット署名の意義は大きいです。
医療現場は限界、感染者や自宅療養者が増えています。当然、在宅介護が必要な方も感染しています。医療従事者だけでなく訪問ヘルパーさんへの賃金支援も必要になっていました。
人材確保としても「体制確保事業実施要綱」が使え、公費で賃金支援ができる様になっていました。今回の通知で「割増賃金・手当」について厚労省は事業所や職員の実情に応じて引き上げても可能とし補助対象を拡大しました。
 
県市、制度改善のお知らせは徹底を!

事業所の多くは特別手当を引上げの申請を行うものと想定されます。
国の通知は県の予算提案後ですが、県の担当課は「補正予算等で対応する」と話ました。
ただ、制度改善のお知らせは、県のホームページに載せるが、個々の事業所には通知はしないと話します。
全県には約1,500件の介護事業所あります。事業所と接点のある34市町村と連携を取れば、事業者や労働者に安心してもらえる情報提供が的確に出来るのではないでしょうか。

| | Comments (0)

2022.03.14

市民に愛される 公共交通 創ろう!具体化スタート

住民の声を、広く柔軟に聞く姿勢が大きな『鍵』となる
「改革と投資」を進める分野に

 現在、市は「交通基本計画」及び「地域公共交通計画」の策定を進めています。 
昨年末、市長が諮問した第3回高知市交通問題審議会が開かれ、最終案は3月7日に市長へ答申されます。その後まちづくり調査特別委員会に報告があり、今後5年間の具体的な事業内容が議論される予定です。
 交通政策の専門家は「住民の声を聞くことが非常に需要」だと。「ですかカード」利用者のニーズだけでなく、公共交通を使っていない方の声も含め広く、柔軟に聞き事業を構築していく必要があります。
 市はコロナ対策交付金約1億5千万円を活用して、昨年11月3日から1月30日まで電車とバスの全線を無料とする「無料デー」を実施しました。政策発表の直後から期待の声が寄せられてきました。無料運行中には、商店街の方から「こんながをして欲しかった」、若い世代は「子どもを連れてお金の心配なく買い物に出かけられ嬉しい」、お年寄りは「外に出るのが楽しみになる」と話してくれました。
共通の意見は「続けて欲しい」です。無料、低料金区間の創設を求めて市民に応え、無料区間や無料デー、ゾーン別料金制など、利用しやすい料金体系へ改革も必要な時代ではないでしょうか。「空で走るバス」を減らし、交通事業者の経営改善や意欲向上につながると思います。
政策チェンジへの世論を高めよう!

| | Comments (0)

目の前で戦争が起きる時代

 高知のハワイか、白い波と光る青い海と空、久しぶりに砂浜を歩いた。大きなガラス窓から見える青の景色、隣のテーブルでは息子と同じ年頃のカップルが仲良く見つめ合っている。平和をつなぐことが私の使命なのだろう。
 戦争はするな!の声は、数日で地球規模となった。ネット時代、若い人の存在が社会を動かしていると感じる。「国際世論」は歴史を変えるほどの凄さ、力を持っている。気候危機問題やジェンダー平等、核兵器廃絶など世界は、遅れた日本社会や政治まで動かしてきた。
 LGBTQという言葉は多様性や寛容の時代にいる事を教えてくれるものとなった。科学雑誌「ニュートン」では、今年の1月から性同一性障害という表現は国際的に「性別不合」に変わったと知る。科学的にも性別が男女だけではない事が証明されていく。10年前には考えられないスピードで価値観、知識も変わる。「ちょんまげ」時代が変わった様に政治体制も歴史的に見ると変わるのだ。
「脱新自由主義」の言葉で資本主義の限界が与野党共通になった点に、日本共産党が訴え続けてきた事の真価が見える。
今の経済システムが「終着駅」ではないと。

| | Comments (0)

ロシア侵略戦争に非難決議!全会派一致で採択へ

プーチンは国民やマスコミを弾圧
軍事攻撃は明らかな違法で非道な戦争であり、絶対許されないがロシア政府は国内の反戦デモ、抗議の声を訴える市民を暴力で弾圧している。
戦争は障害者をつくる国連は「戦争は障害者をつくる」、言語道断と話す。ウクライナの人々が国外へ避難する報道の中で、障害者の実態が見えない。障害者など移動や体調にリスクある市民が砲弾の中に残されていると思われる。

→下写真、ひろめ市場前宣伝 障害ある方がマイクを握り、車いすからも訴える!
20220307_144353


| | Comments (0)

2022.03.01

戦争をしないで!

「お父さんはキエフに残っている」「お父さんは英雄を助けるために戦うのかもしれない」と涙を拭く少年。
 24日、ロシアはウクライナに軍事侵攻を行った。ウクライナ全土が戦場となっている。国際法にも国連憲章にも反する違法な戦争、ロシア国内でも科学者が立ち上がり連日「STOP!WAR」抗議デモが起きている。
 国連も安保理だけが保有している権限に対し、全会一致に至らずとも24時間以内に緊急特別総会を開き審議することができるとし、40年ぶりに総会を開きロシアへの非難決議案を2日にも採決するとしている。
 総会でウクライナ代表は「子どもが殺されている」と訴えた。停戦交渉が始まったが合意は見えない、それどころか交渉の場となっている国、ベラルーシがロシアを支援するとし軍隊の派兵を行う準備を始めた。明らかに戦争が拡大している。怒りに満ちた顔で核武装までちらつかせるロシアのプーチン大統領の姿がテレビに映る。
 今、立ち上がり声を上げる時だ!あなたの声で!
好きな曲の一つ「愛なき時代に生まれたわけじゃない」と斎藤和義の曲が車のラジオから流れる。「手を繋ぎたい」平和の為に。

 

 

| | Comments (0)

« February 2022 | Main | April 2022 »