« June 2022 | Main | August 2022 »

2022.07.28

猛暑!学校のプールを使えるよう願う!

汗をふきふき地域を回る。「プールはなんで開かんが?」

 日焼けが似合う小学校5年生の女の子が私にたずねる。昔から、夏休みの思い出と言えば水遊び。今はなんと!学校のプールが使えないのだ。現在小学校39校中、夏休みのプール開放は旭と九重小学校の2校のみ。監視員を配置できない事が事態を作っているが、本来、格差を埋めるのは行政の大事な仕事ではないだろうか。
 その道の奥に小さい自転車のある、お家をたずねた。にこやかなお母さんがドアを開けてくれたが、表情が険しくなって「息子がゲボして熱中症だった」「プールもないし、外は暑すぎ、家におるしかなくて可哀想」と話す。 
 プール開放のルール、監視基準や安全性が高まることは良いのだが、肝心のプールが使えないのは本末転倒。
 夏休みも働いている親は多く、プール監視のお手伝いができないのが現状。手伝わないならプールは開けないと思える行政の態度。想像して欲しい、プールに水しぶきと、子ども達の歓声が聞こえるそんな光景、夏休みを。
 教育行政の努力で、やり過ぎと言われている学力テストを減らせば、プール開放に必要な予算はつけれるはず。

| | Comments (0)

税金使う国葬思想信条の押しつけ

「反対」「どちらかと反対」=72%

安倍元首相の国葬どう考えますか。
松野官房長官は「費用は全額国費を充て予備費から拠出する」と会見をしました。
 南日本新聞は、22日~23日に行ったアンケートで「反対」56.5%、「どちらかといえば反対」15.7%、「賛成」14%、「どちらかといえば賛成」9.1%と報道。
 市内でも「税金はおかしい」「命は平等、なぜ国葬なのか」「安倍氏や政治家と旧統一教会の関係を調査して」など、批判の声が噴出しています。国会審議を通さず、閣議決定で一方的に予算を決めるのは税金の私物化。反対!

| | Comments (0)

猛暑!コロナで保育に困る声、中山間への配慮を!

コロナ休園で保育に困る家庭増える

「働かんと食べていけん」「子どもを背負って仕事」「見てくれる人がおらん」。
今、コロナの急拡大の中、生活のライフラインである保育所が休園となり、仕事に困る声が寄せれています。
特に代わりがない自営業や医療、介護など福祉現場で働くエッセンシャルワーカーの世帯は深刻です。一方、元保育士さんからは「みて欲しいと頼まれる、助けちゃりたい」「緊急事態、支援体制を市全体で考えて欲しい」と話します。

知事は「行動制限をしない」

そうであるなら、リスク対応を強化しなければならないと考えます。危機管理の一つとして休園対策の代替え保育や一時預かりは国もできるとしており重要な支援策です。市の緊急対応で働く子育て世帯を支える時ではないでしょうか。
市は7月臨時議会にコロナ対策予算で登園時間の記録をQRコードで読取る機械を設置する予算を提案していますが、今、優先されるべきは保育の確保と思います。県にも要望して欲しいと担当課に要請しました。

中山間へも配慮を!交通や水道料金割引使えず

 水道料金の減免や交通料金の割引キャンペーンの対象範囲に市水道でないなどの理由で中山間は割引対象になっていません。
 中山間も大事にする予算編成を求めます。

| | Comments (0)

第49回 酒害サマースクール 

第49回酒害サマースクール  

コロナでも青空の中、開催に嬉しく思います。今年も招待いただき本当にありがとうございました。
市議として地域を訪問する中で、色んな暮らしの実態に直面します。酒害やギャンブルなどの依存症を抱え苦しみ、治したいより死にたいと思っている方がいます。
今回、パネリスト形式による当事者たちの体験談は非常にインパクトがあり、埋もれてきた大事な声、支援側にも重要な意見だと受け止めました。
私は地域で、ある40代の死に向き合い下司病院や断酒会、サマースクールの存在意義を痛感しました。コントール不能となり若く亡くなった命、家族から酒害で苦しんでいる「助けて欲しい」と相談を受け、下司病院を紹介、男性は一命をとりとめましたが、その後すぐ亡くなりました。
家族の話では仕事で怪我をした事が原因で仕事と収入を失い、生きる希望もなくしお酒を毎日大量に飲み、喧嘩の絶えない日々だったと言います。自殺未遂を繰り返し家族も辛かったそうですが、誰にも言えず苦しんでいた時、下司病院を紹介され「本当に救われた」と話してくれました。
改めて、依存症は本人がコントールできなくなる病気であるという事や治療で改善もすることを社会で広く理解される必要があると思います。 また気軽に相談できる環境整備として一般病院でも依存症の窓口ができることも、これからの課題だと思いました。
サマースクールの記念講演は昭和大学付属烏山病院の常岡医師の話で、めっちゃ早口に驚きましたが、そのテンポに引きこまれ、依存症と直接に関係ないと思っていた、ADHD、ASD(自閉症スペクトラム障害)、統合失調症、アレルギーが、依存症と、どう違うのかという切り口で、自己責任にしない治療体制の意義を学ぶことができました。
地域では現在も依存症は「好きでなった」「自己治療すべき」と嫌われているのが実態ではないでしょうか。どう自己責任を克服し、命や暮らしを守っていくのか、講演では適切な情報と環境が人生を変える、コントロールできる自分を取り戻せると、わかりました。
本人や家族だけの狭い問題にせず、地域社会の認識も成長していく事が求められていると感じました。
皆さんとの出会いに感謝し、学んだ事や当事者の声を心に、活動に活かしていきたいと思います。

| | Comments (0)

2022.07.22

VRの世界と現実世界

「エアコン代が心配」この声をよく聞く

本当に今年も暑い夏! 選挙が終わっても、私たちの暮らしは何も変わらない。この繰り返しが「あきらめ」感を増幅させてきた。大人社会だけでなく子ども達の心もむ無気力へとむしばむ。さて、IT産業だけはバブルだ。多くの若者が、VRゴーグルを着け、バーチャルショップで課金し、土地を買い、家を建て、なりたい顔、服で生活を楽しむと言う。

 なんだそりゃ!と思うが、仮想空間、仮想店舗がネットの中にあり、友達もその仮想空間にいるという。
友達は?と聞く時、VRの世界なのか、現実世界なのかと問わなければならない時代にいる。

リアルな世界しか知らない私、知り合いで廃品回収で生活する、おんちゃんに、ITネットの話をしたら「どいつも、こいつも、わからん事を言いやがって」と。「補聴器が高い、何とかならんかにゃー」と近所に聞こえる太い声で話した。国はリアルな世界の生きる声を聞いて欲しいちゃんと見て欲しい。

Dsc_04112

 

| | Comments (0)

7月臨時議会 公共交通支援 第2弾 IC「ですか」カード無料配布と運賃100円キャンペーン

電車・バス運賃「ワンコインデー」ですかカードで運賃10円!
27日~29日に行われる臨時議会ではコロナ対策交付金約3億円の使い道、が提案されます。
 今回は農業の肥料代高騰への支援と合わせ、バス、電車の利用促進を図り、公共交通事業者を守る予算1億2千万円が計上される予定です。
R4年11月~R5年1月末まで日曜と祝日、市内全線100円 期間中は、バス電車の運賃が市内均一100円となります。
また「ですか」カードが約2万枚分、無料配布されますが、このカード持っている方は利用運賃がなんと!、10円になります。
キャンペーンが始まるのは11月と、先の話ですが、この機会に「ですか」カードを持って公共交通の利用が進み、普段使いにつながるのではと期待しています。

 農業者、働く者を守れの声、大きく
 今回の7月臨時議会では、農業用肥料への支援や共済保険の保険料の一部補助が提案されます。物価高騰で悲鳴の上がる農業肥料支援では、農業・畜産販売売上50万円以上の方が対象で、購入費の2割が確定申告時に軽減されます。50万円未満の農業者にも支援を求めました。
  またJA高知市も行政とは別に独自の肥料高騰対策を行うと発表しました。「食は命」農家はじめ燃油高騰で苦しむ事業者をつぶさない政治
を。軍事費2倍化は反対しかない。

| | Comments (0)

参議院選挙 松本けんじ候補 高知市得票率28% 大健闘!

「えい人やね」最後まで声援広がる
 選挙期間中は大変、お騒がせしました。市民の関心も高まり、前回より投票率が約2%上がりました。全国的にも投票率は伸びたものの日本共産党は6議席から4議席に後退しました。
しかし四国を担当する「にひそうへい」弁護士・比例候補が当選を勝ち取り高知含め、西日本の声を届けるパイプとして働ける事は大きな希望、力です。


| | Comments (0)

参議院選挙 銃撃事件

参議院選挙の後半、元安倍首相が街頭演説中に銃撃を受け亡くなるという事件が起きた。言論を暴力で封じる、どんな理由であれ許されない。心からご冥福をお祈りいたします。クーデターやテロ、戦争も同じ、日本の歴史をみると太平洋戦争が始まる20年前に最高刑が死刑の「治安維持法」ができ、この悪法の元、国家によって言論弾圧や拷問が終戦まで繰り返されてきた。
戦争を嫌だという者、国の方針に従わない者、すべて対象とされた。平和、反戦を貫くがゆえに弾圧対象とされた日本共産党は7月15日で100年を迎えるが、今も偏見の目で「怖い」「名前を変えたらいい」と言われる事がある。しかし、本当に怖いのはどっちだろうか、暴力や戦争を平気な顔で、肯定する方が怖い。
歴史と反省を重ね今や自由と民主主義は普遍なものとなり、戦争はしてはならないと国際法にもなったが、参議院選挙直後の圧勝した与党から自衛隊は合憲、戦争ありの改憲だと一層、軍国化の動きは強まっている。
暴力により奪われた命は二度と戻らないと知りながら。

| | Comments (0)

« June 2022 | Main | August 2022 »