« 3月県議会 港軍事利用 強引なデジタル化 教員不足続くなど 新年度予算反対 | Main | 教育長の役割とは »

2024.04.08

知事、港の軍事的利用の協定結ぶ

他県では、議論の結果、慎重な論議が必要との意見のもと、協定は結ばない判断をだしています。
国は32か所の指定を目指していましたが、16の拠点が協定としたとされています。

Dsc_001_burst20240319140358249-002

≪ 特定重要港湾 県が3市に説明 ≫
県=終始「メリットある」と説明
3市=「県を尊重する」と回答 
3月19日、県は国から港が指定された高知市・須崎市・宿毛市(副市長)に対し、県の考え方を説明した。高知市は市民や議会から不安の声を聞くとし、丁寧な説明を求めつつも、「軍事利用がない」ことを前提で県の意向を尊重するとした。
 この後、知事は協定を結びました。

|

« 3月県議会 港軍事利用 強引なデジタル化 教員不足続くなど 新年度予算反対 | Main | 教育長の役割とは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 3月県議会 港軍事利用 強引なデジタル化 教員不足続くなど 新年度予算反対 | Main | 教育長の役割とは »