2022.04.26

来春、県議選挙に出馬

新たなステージ目指す 
 吉良県議の後を引き継ぎ県政に挑みます。 25日記者発表をしました。市政で学んだ事や地域の皆さんと共に、積み重ねてきたことを力に県政の中でも「行動力」を存分に発揮してお役にたてる県会議員を目指します。

1650875231856

 唐突なご報告ですが、来年春の県議選挙に出馬する事になりました。これからも、宜しくお願い致します。
吉良県議と共に市議として20年近く地域の皆さんにはお世話になっています。たくさんの思い出が蘇る。
「愛ちゃん、頑張りゆうかえ」「来てくれてありがとう」との声に、どれだけ励まされたか。「いつも同じジャンパーやけんど、服はあるかえ」と心配もしてもらった。

 今度は県政へ、どんな決意で挑むのか!
 
 新たな挨拶回りはこれからだが私は現場が大好きだ。そこから見える市民の暮らしや経済、格差や痛み、希望。
どもれもが、いつも私に政治の役割、意義を教えてくれる。市民や市職員さんと共に積み重ねてきた活動の記録は私に刻まれている。その全てを活かしたい。県議会は、この間の中間選挙で、女性議員が2名から5名に増え、議席に占める割合は13.5%、全国41位から11位へ。もう一人女性県議が増えれば16%を超える。全国順位も一桁台になるかもしれない。
 40代、就職氷河期世代の代表としても働く世代が、高知で生きることを誇れるような県にしていきたい!

 

| | Comments (0)

2022.04.20

環境に優しい暮らしに

 県立大学の北、江ノ口川が干潮になると、川の底から大量の投棄された産業廃棄物らしき土管が毎回見える。
以前も県の河川課に問うが、県のせいではないから除けないと言う。明らかに数十年以上はそんな状態だ。
新たな災害を誘発する原因になると思う。それだけではない、川を汚くしていいという空気、メッセージになってしまう。なんとか、改善ができないのだろうか。
 行政や私自身が自然に優しいのかと気になる。太陽光の活用が一時止められたニュースが気になり、「自然を壊さないエネルギーを市民は選びたい」と、新エネルギー推進課に聞く。今は事業所向けの支援制度しかない事を知る。安定供給を優先する電力企業からすれば原発や石炭火力発電は効率やコスト面からも優位なのだろう。
 しかし、時代は変わり自然や地球を大切する事の価値が優位になってきている。大手自動車産業も20年後には電気自動車にする動き、つまり車が蓄電池の役割を果たす社会が、すぐそこまで来ているのだ。そうなれば、太陽光などによる自家発電生活も現実になるだろう。
夢に終わらせない為に環境に優しい生活ができるよう、市はリーダーシップが問われていると思う。

| | Comments (0)

町内会の声

日差しが暑くなる、桜の木も緑の新芽に包まれている。「高知市は頑張りゆうき、言いたくないけど、めちゃくちゃなゴミの出し方をする人がおる、何とかならんか」と、ある町内会長が嘆く。
 高知市は全国に誇る、高知方式というゴミ分別が徹底されてきた街だ。その分別を日々、現場で見守り、時には指導してきたのが町内会や環境業務課の皆さん。注意すると嫌われたり怖い目にも会う、それでも環境美化の一翼を担ってきた。繰り返される「不法投棄」はなくしたい。市の担当課はゴミを調べる許可をもっているので、酷い場合には違法なゴミ出しをした人を特定し適正な処分へ指導していると聞く。
住民が協力して分別を行う事で中間処理施設を造らなくても、ゴミ袋の有料化もせずとも、ゴミが出せる貴重な自治体だ。住民との協力や信頼関係がいかに行政にとって重要なのかを示す。私も町内会活動を大切に協力したい。

| | Comments (0)

学校からのストレス

 鮮やかな紅、しゃくなげの花はパワーがある。花言葉は「警戒」「危険」だという。確かに、遠くから見ると赤信号の様でもあるが一方、同じ時期に咲くツバキの花言葉は「控えめな優しさ」「気取らない優美さ」と知る。
二つの花とも、厳しい冬を超え春に咲く花の代表だ。日本の自然は教えてくれる、厳しさの先の春を。

 ある、小学生は勉強ができないわけではないが、教室で居眠りをした事で、先生が母親に「お子さんは病気かもしれない、診断を」と。私はそんな話があるかと驚きと怒りも感じた。先生は眠たい事の背景、理由を知っているのだろうか。唐突に聞かされた我が子の評価。
先生の言葉がショックだという母親。障害や病気が悪い事ではないのだが、同じ発言を居眠りしている政治家に言えるのだろうか。今の学校も少しでも型や枠から外れると・・・。1980年代から強まった管理教育が続いているとわかる。学校の工場化はオンライン教育でより拍車がかかるかもしれない。教育現場から「心配できない心」をみた。人間関係には相性が合わない事もある。しかし、それが私達や教育が求める多様性を認める人づくり、社会ではないのか。

| | Comments (0)

2022.04.08

アンガーマネジメントとは

「おかしな事ばっかりよ!」と50代男性が嘆く。

話を聞くと、男性の妻は最近、はりきって習い事に通っているそうだ。男性は「うちの嫁はアンガーマネージメント教室へ行きゆうけど、朝からワイワイ怒られるで」。「俺の方が我慢、アンガーコントロールしゆうやか!」と。笑ってしまった。
辞書にはアンガーマネージメントの究極の目標は、怒りが深刻な問題にならない様に上手く制御し、管理することであると書かれてある。怒りは大事な感情でありながらも制御不能になると、家庭でも国家でも、大変な事態を起こす。
個人なら離婚で済んでも国家なら戦争になる。怒りも多様で、怒鳴らないケースもあるから分かりにくいが、この怒りのコントロールが重要と感じる。
 4月から県警はDVやストーカーの対応を強化するとし「人身安全対策課」を県警本部5階に設置した。担当者は「110番か、#9110に連絡してください」と話す。怒りからうまれる陰湿な行為、暴力的行為。 アンガーマネージメント教室は大事と思った。男性とその妻の学びの効果を教えてもらいたい。(笑)

| | Comments (0)

2022.03.28

保健師、過酷な実態!

急に寒くなるのは春の訪れの証。自然界は命が芽吹く季節だが人間界はどうか。全国の自治体労働者の組合が過労死ラインを超え働かされる職員が増えていると会見を行った。月80時間が過労死ラインとされているが、労基法「33条1項及び3項」で公務員の場合は臨時的な時間外労働は青天井に許されるもとなっている。
コロナ第5派期の全国10自治体への調査では1カ月の時間外労働の最高は298時間だったとの報告がされた。
高知市ではどうか。2月の時間外労働の最高が154時間45分。多くがコロナ対応を担う現場。特に保健所業務や保健師さん達は危険な勤務状況であると市の資料から見える。国は今年に入り通知を出し、医師の面談を受けるなどの安全対策を求めていると、平然と国会答弁しているが、全く現場の痛みを見ていない大臣答弁だと思う。
現場からは「医師に休めと言われても替われる体制がない」の声がある。公務員は労働基準法の対象から外されているが、時間外月100時間越えは高知市では2月に4人も存在する。国策で保健所や保健師を減らしまくってきた国の責任は重大だ。この流れを変えよう!

| | Comments (0)

奇跡のピーコ

桜咲く、春。商店街の花屋さんで買ったミモザ。黄色が私の部屋を明るくする。
「涙の再会」ピーコという名のウクライナカラーの小鳥が飼い主のお婆さんの八反町の家に帰ってくる話に出会う。

Dsc_0206

 洗濯中に居なくなったピーコを探すため、知り合いに頼み、近くのお店に「連絡ください」と張り紙をした。何週間経っても帰ってこないと心配し、悲しみに暮れていたお婆さん。 
そこに吉報が届く!!警察署からの電話「お探しのインコではないでしょうか」。奇跡の再会だ!繋いでくれたのは小学生の親子だった。
お婆さんはお礼を伝えながら見つけた時の様子を聞いた。男の子は「逃げないで、そっと手のひらに乗った」、「僕のお母さんの肩にも乗って、次は警官の肩にも乗ってパトカーで行った」と。何一つ欠けても叶わなかった奇跡。
人の温かさ、繋がりで奇跡を起こしたピーコは、いつもの口癖「せつ子~バカ~」とお婆さんに挨拶したと言う。
ピーコの旅にはどんな冒険、発見があったのだろうか。小鳥のピーコは、どうしても大空を飛んでみたかったと思う。

| | Comments (0)

2022.03.14

目の前で戦争が起きる時代

 高知のハワイか、白い波と光る青い海と空、久しぶりに砂浜を歩いた。大きなガラス窓から見える青の景色、隣のテーブルでは息子と同じ年頃のカップルが仲良く見つめ合っている。平和をつなぐことが私の使命なのだろう。
 戦争はするな!の声は、数日で地球規模となった。ネット時代、若い人の存在が社会を動かしていると感じる。「国際世論」は歴史を変えるほどの凄さ、力を持っている。気候危機問題やジェンダー平等、核兵器廃絶など世界は、遅れた日本社会や政治まで動かしてきた。
 LGBTQという言葉は多様性や寛容の時代にいる事を教えてくれるものとなった。科学雑誌「ニュートン」では、今年の1月から性同一性障害という表現は国際的に「性別不合」に変わったと知る。科学的にも性別が男女だけではない事が証明されていく。10年前には考えられないスピードで価値観、知識も変わる。「ちょんまげ」時代が変わった様に政治体制も歴史的に見ると変わるのだ。
「脱新自由主義」の言葉で資本主義の限界が与野党共通になった点に、日本共産党が訴え続けてきた事の真価が見える。
今の経済システムが「終着駅」ではないと。

| | Comments (0)

2022.03.01

戦争をしないで!

「お父さんはキエフに残っている」「お父さんは英雄を助けるために戦うのかもしれない」と涙を拭く少年。
 24日、ロシアはウクライナに軍事侵攻を行った。ウクライナ全土が戦場となっている。国際法にも国連憲章にも反する違法な戦争、ロシア国内でも科学者が立ち上がり連日「STOP!WAR」抗議デモが起きている。
 国連も安保理だけが保有している権限に対し、全会一致に至らずとも24時間以内に緊急特別総会を開き審議することができるとし、40年ぶりに総会を開きロシアへの非難決議案を2日にも採決するとしている。
 総会でウクライナ代表は「子どもが殺されている」と訴えた。停戦交渉が始まったが合意は見えない、それどころか交渉の場となっている国、ベラルーシがロシアを支援するとし軍隊の派兵を行う準備を始めた。明らかに戦争が拡大している。怒りに満ちた顔で核武装までちらつかせるロシアのプーチン大統領の姿がテレビに映る。
 今、立ち上がり声を上げる時だ!あなたの声で!
好きな曲の一つ「愛なき時代に生まれたわけじゃない」と斎藤和義の曲が車のラジオから流れる。「手を繋ぎたい」平和の為に。

 

 

| | Comments (0)

2022.02.25

本気の中山間振興を!

 毛糸の帽子をかぶる、気さくな40代若者に出会う。
高知の自然の魅力にひかれ、移住体験事業をきっかけに高知に来て4ヶ月。「空気がキラキラ!空は澄み切って青い、食べ物は美味しいく最高!住みたい!」と。森を元気にする仕事をしたいと話す笑顔に、改めて高知は宝の宝庫なのだと気づかされる。
 小雨の中、一緒に円行寺地区を訪問、地域の守り神と語り継がれる、日吉神社と森の神に、手を合わせる。
 その昔、宮崎県から移住して牧場を開拓した酪農家族も訪ねた。さらに、山を上がると高齢男性が農業や山の生活を見せてくれた、「竹はなんぼ切ってもえい!」「畑も使いや、空き家もあるよ」と。彼女の目が輝いた。
 竹を切り、炭にし、畑や森に還す取り組みをしたいと意気込む。一方で悩みも出てきた、「食べていけるのか」。
 貯金がない、車がないは中山間移住では強烈なリスクである。森や中山間に若者が来て住む為には仕事と最低限の収入が入る仕組み必要だと痛感する。規制緩和だけではダメ、行政やJAや企業家、私達も、どう力と資本を合わせ里山の未来を取り戻すか、本気度が問われている。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧