2020.05.28

知恵と工夫の日々

 紫陽花が咲く、蛍が舞ういつもと変わらぬ季節だが、今年は居酒屋さんのテイクアウト、焼き鳥の匂いが加わった。
みんな、必死に働く姿、こんなに日々工夫を求められる事があっただろうか。知恵と工夫、そして「協力」「支えあい」の輪が、どれほど人間生活に不可欠なのか痛感している。
「やっと来た!」この言葉を聞く様になった。一律10万円や持続化給付金の振り込みが始まった様だ。緊急事態宣言から約50日、遅いという声、仕方ないという声、色々あるが、OECD諸国との比較では「遅い」が事実。これからは、やっと始まった具体的支援がどう活きるか、感染が収まっているかに見えるが、次の波に備えることも問われている。
 数か月の間に、医療の崩壊、生活保護の増加、学生達の「学べなくなる」悲鳴、生活の様々な危機や政治経済のもろさが、誰の目にも明らかになった。特に学生への支援は給付額が実態にあわず少なすぎる上、支援対象となる学生は約43万人、全学生数の約1割。未来社会はどうなるだろうか。ここまで若者や教育支援を「ケチる」姿に背筋が凍るが、今だけ、自分だけの政治を変えるチャンスなのかもしれない!

| | Comments (0)

2020.05.20

「新しい生活様式」とは

 マスクが蒸せる!まだまだ我慢は続くが、医療、介護の皆さんや学校や保育園が始まる子ども達はもっと不自由だろう。
連日、紙面で色んな著名人がコロナや未来社会を語っている。視野が広がり、ものが綺麗に見えるようで大変勉強になっている。
 政府が提唱する「新しい生活様式」について新屋敷に住む田所弁蒔さんは、政府権力のあり方から問題性を指摘する意見を高知新聞に投稿されていた。共感、深い問いがいると私も思う。
「新しい生活様式」とは簡単に言えばマスクや手洗い以外でも3密を避けるや向き合せに座らない、大皿料理も返杯もダメ。
 これを日常化せよと言うものだが、人間性や文化的生活、営業はどうなるのだろうか。衛生環境に格差があるのが現状だが、もし感染すれば新しい生活様式を守ってない人が悪いなど、自己責任や差別的批判の対象を生むだろう。新しい生活という言葉の狙いは深い。
 本来、国の責任であるワクチンの無料供給や検査・治療の医療体制の整備などは棚に置かれた感がする。感染症を正しく恐れ備えることは大事だが、国や行政の責任を薄め、ごまかそうとする動きもある、私たち市民は権力に敏感でなければならない。

 

| | Comments (0)

2020.04.22

お困りごとありませんか

 沈黙は苦しみを広げる、声を出そう!

 世論の力で動いた「一律10万給付」。国民の多数が団結すれば政治を変えることができると実感する。
世界各国がコロナ災害に対応している、ドイツでは3月16日にバーやクラブ、スポーツジムが閉鎖、22日には全ての飲食店が閉鎖され、外出制限が続いている。ドイツ政府は25日には総額約90兆円の経済対策を打ち出し、大企業への債務保証に加え、中小企業、個人事業主に対する支援策を示した。例えば従業員数が10人までの中小零細企業、個人事業主、フリーランスを対象に政府から補助金が支払われる。なんと!申請は27日より開始されている。早い!日本では今だ、政府の打ち出した給付金は1円も届いていない、遅い!イギリスは3月17日に総額約45.5兆円の追加経済対策を発表。3日後に休業に追い込まれた企業、個人事業主への支援。労働者への8割の給与補助をすぐ発表した。オリンピックをやろうとしていた国とは思えない日本政府の対応の遅れ。対策費の総額も25兆レベル。この流れを変えるのは、もう国民の声、世論しかないと思う!

| | Comments (0)

2020.04.05

子ども食堂さん、がんばれ!負けるな‼️

1586043802124

今日の高知新聞朝刊、声ひろばに掲載されてました! 

  コロナという災害で、学校給食まで止まつたが、子ども食堂は通常のバイキング方式を変えお弁当方式でボランティアを続けた❗     それに対して、現場確認なく、県は指導した。何のためか?問題があるから、やめろというメッセージをボランティアのみなさんに与えた!指導は3月半ばと聞くが、3月3日には厚労省、政府から各自治体に子ども食堂の扱いについての通知が届いており、学校閉鎖、給食ストップの影響を踏まえ、行政は民間事業者や子ども食堂と連携し、食の確保に努めて欲しいとある。

   本来、この災害をボランティアと協力し乗り越えることが行政の大事な仕事であるか、県はテレビ報道を見たとして、現場確認もなく指導するとは、ひどい‼️

 現場では、衛生面、安全面どれだけの工夫と配慮がされていたか、それも見もしないでだ。全国各地で子ども食堂がこの災害の中、頑張っていることが報道されているが、この様な行政対応は高知だけではないか?と思うが。国の通知からしても高知県の対応に問題を感じてる県民は多いだろう‼️

  国会もこういった、理不尽な行政対応が起きていることを知ってほしい。あらゆる支援が必要な所に届くために、  なぜ、この様な県の対応になったのか、検証して欲しい。

| | Comments (0)

2020.03.25

立憲民主党と「治安維持法」

 熱海で開かれた日本共産党の党大会は、寒さを忘れさす熱気に包まれていたという。
野党共同の絆が固く深まったと感じたのは、他の野党代表のあいさつ。
立憲民主党の安住氏は大日本帝国憲法、天皇主権のもと戦争へ突き進む日本の国会の中で労働農民党の衆議院議員だった山本宣冶を紹介。
 有名な言葉「山宣独り孤塁を守る!だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆がいるから」を日本共産党と同じく自身の控え室にも飾ってあると挨拶した。
 山本宣冶は右翼に刺され亡くなったが、日本共産党は死後、活動をたたえ党員資格を送ったと当時、発刊されていた無産者新聞の中で発表している。立憲民主党の安住氏も痛烈に批判した「治安維持法」は、すさまじい暴力と監視による弾圧を許す法律だった。
この法により物言えぬ社会が作られ悲劇の戦争へと突き進んだ。あなたは歴史から何を学びましたか。

| | Comments (0)

国会代表質問 高知市「幸スーパー」取り上げる

1月23日、国会の代表質問で日本共産党の志位委員長は消費税を追及、その時、高知市の幸町スーパーの倒産を取り上げた。
閉店した店の入り口にはお詫びの張り紙、消費税増税、軽減税率、デジタルマネーに伴い新たなレジ購入の負担を回収できない為閉店と書かれてある「これが実態ですよ!」と突き付けた。
「あべ首相、あなたが強行した消費税は日本経済、中小業者を深刻に追い込んでいる、認識はあるのか」と強く、問うた。
 質問を聞いて、さすが共産党の質問だと感動した!それは私だけではなかった、幸スーパーで買い物していた市民からも「国会中継を見て共産党が良かった、好きになった」と。現場の実態を突き付けられる力、嘘を見破る調査能力、草の根レベルの情報網、本当に住民に寄り添っていることがわかる。
これこそが政党に求められる真の力ではないのか。

| | Comments (0)

ケーキの切れない非行少年たちを読んで

 読んだ本に社会の歪み、息苦しさの原因を見つけた。いつにない「切ない気持ち」になった。
医学博士、臨床心理士で児童精神科医でもある、宮口幸治さんの著書「ケーキの切れない非行少年たち」。
少年院や学校に関わる中で、気づかれないまま発達や認知に障害をもつ子どもが、いかに学校から落ちこぼれ、反社会的な犯罪にかかわってしまうのか。宮口さんは、見る力、聞く力、想像する力が基礎学力の土台「認知機能」に繋がっていると。
「非行は突然降ってきません。支援がうまくいかず手に負えなくなった子ども達が最終的に行きつくところが少年院だった。ある意味『教育の敗北』でもある。」と。
 学校や大人に求められるのは、学力テストなど成績の優劣を問うのではなく、問題解決力や感情がコントロールできる社会面、認知面、身体面、この3つの支援こそが重要であることを知った。

| | Comments (0)

2020.01.21

成人 おめでとう!

外はまだ寒い、年初めの街頭宣伝、真っ白い息が広がった。家には紅いガーベラを飾ってみた。

成人式を迎える息子へ 

『成人おめでとう!あなたの、あなたらしい成長に感謝しかありません。20年前3,092gでウオーと雄叫びのような産声で、この土佐で元気に生まれた我が子。同じ年の子と遊んでも、おもちゃの取り合いをしない子、これも、あれもあげると言う。競争心がないことを心配、不思議に思った。今、振り返ると素晴らしい個性なのだ。バレーの試合もベンチから一番大きな声援を何度も友達に送った。仲間が大好きで、仲間を絶対に裏切らない芯の強い姿。甘えたい時、寂しい時、そばに居てやれない母だった事を反省する。その分あなたは多くの友達や地域の人々と出会った、かけがえのない宝だ。独りではない、横には素敵な仲間、応援団がいる。迷った時は頼ればいい、嬉しい時も悲しい時も、心から抱きしめてくれる人がいる事を忘れないでほしい。輝け!羽ばたけ!学べ!あなたの新たな人生のスタートにエールを送る』母より

| | Comments (0)

2019.12.18

生物学者・福岡伸一著書「ルリボシカミキリの青」に勇気をもらう!

最近、読んで感動した本「ルリボシカミキリの青」。生物学者・福岡伸一さんの著書だ。子どもの成長を喜びながらも心配する、ある母からの紹介だった。不登校ではなかったが「学校が楽しくない」と言った息子に伝えたいことが、この中にあると話していた。私の好きな所を紹介したい。

『調べる、行って見る、確かめる、また調べる、可能性を考える、実験してみる、失われてしまったものに思いを馳せる、耳を澄ませる、目を凝らす、風に吹かれる、そのひとつひとつが君に世界の記述の仕方を教える。私はたまたま虫好きがこうじて生物学者になったけれど、今君が好きなことがそのまま職業に通じる必要は全くないんだ。

大切なのは、何か一つ好きなことがあること、そして、その好きなことがずっと好きであり続けられることの旅程が驚くほど豊かで、君を一瞬たりとも飽きさせることがないということ、そしてそれは静かに君を励まし続ける、最後の最後まで励まし続ける』

 

| | Comments (0)

2019.10.23

ラグビー応援!

 ラグビーワールドカップに燃えた。あまり興味がなかったのに4年前、日本が優勝候補の南アフリカを接戦で破った事がきっかけで桜ジャパンの強さを分析する本を読んでから、よく観る様になった。当時、大金星と報道され、ユニークなキックフォームの五郎丸選手は大人気だった。

 地域のおばあちゃん達はどう言う訳か「五郎ハチ丸」と呼んで喜んでいた。何で?!その影響で私もそう呼んでしまうが。(笑)その頃から、ラグビー人気は再燃していたのではないだろうか。

 なぜ、自分より大きい屈強な体の選手に体当たりできるのだろうか、精神的強さ、あきらめない心、チームワークとはどう成長するものか、知りたくて私は日本チームの本に見入った。そこには、私と背格好も年齢もかわらない小柄な女性、メンタルトレーナーの存在があった。五郎丸選手は「荒木さんがいなければ僕の『ルーテイーン』は完成しなかったと述べている。荒木さんは数年前、高知の市民大学で講演もした。

各選手に共通する変化は多様な場面での「受け止め方」だ。結果、前向きで自主的に選択肢をもって判断する。今また本にはまる。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧