2020.03.25

入明立体交差 鉄柵取替え求める!


資料なし耐震性説明できず、説明会やり直しへ(4月中再度開催の予定)
 

 9日、築48年経つ入明の錆びた鉄柵の工事について説明会が行われた。市は12月議会に予算が承認されたことを前提に、約1年かけて「塗替え」工事を行いたいと説明。説明の中で市は塗替え工事と取替え工事を比較検討したとしているが、重大な問題は耐震性について十分な比較をしておらず、住民からの質問に「数字がない」などと回答。
 また、今回の工事の緊急性は低濃度であれ毒性のあるPCBが含まれた古い鉄材であることも注視しなければならない点である。市が選択した「塗替え」工事の場合、現地で除去作業が行われる。飛散しない液剤を使用して行うと言うが、近くに学校もあり、日常の通勤通学の人通りも多い場所であり、あえて現地で除去作業を行うことには問題が大きい。

取替え工事の検討を求める声

 住民からは「PCBが飛散している状況がわかってから、お知らせはしたのか」と、市は「お知らせはしてない」との回答。他の住民から「子どもらが鉄柵につかまって覗いたりしているが(耐震性)大丈夫なのか」と、市は「大丈夫」と説明したが、続けて「大丈夫ならそれが分かる数字を示してほしい」と聞かれたが、数字がないと説明。
 近いうち必ず来る大地震に行政は公共物の耐震化を進めているにも関わらず耐震性問題を十分に行わず、約1億円の「塗替え」工事ありきで進める姿勢に不信の声があがるのは当然です。

| | Comments (0)

2020.01.28

2020 お餅つき大会

笑顔や裸足!元気いっぱい!

Dsc05676


 奇跡的にも晴れ間が見えてきた中、100人を超えて多くの方が今年も参加してくださいました。ご協力ありがとうございました。
 5歳の男の子は安心したのか裸足で駆け回り、お母さんと一緒に元気いっぱい楽しんでいました。19歳の女の子はバザーで素敵な服をゲットしたと大喜び。
一方、40代の男性は労働組合の仲間と不当な賃金格差の解消を目指してこの春、裁判闘争に進むとの声。また、これから組合を立ち上げる話、不景気の中で職探しの苦労やパワハラの実態などリアルな声が寄せられました。

Dsc05713

 私は真面目に生きる者の味方であり続けたい!
 地域の皆さんにとって暮らしを守る砦でとなろうと新屋敷事務所をみんなで運営してきましたが、政治はあいも変わらず、「弱肉強食」社会をより強固にし、お年寄りも若者でも弱い者が犠牲になっています。だからこそ今、支えあう事、理解しあう力が必要です。それが政治を変える希望の力になると確信しています。

Dsc05884

| | Comments (0)

2020.01.21

2020年 向き合って!乗り越える!未来のために働く一年に!

明けましておめでとうございます!

旧年は頻発する自然災害に心配の声が増えましたが、まさに「災害時代」の到来を感じます。鏡川、久万川、紅水川の付近では河川の氾濫、山間部や宅地開発された地域などでは土砂崩れ、改めて、温暖化による気候変動の影響が現れ始めていると実感します。環境的にも社会的にも大きな分岐点にさしかかっていると思います。市においても日常の災害にも対応した安心できる街づくりへ行政や住民が力を合わせる時だと思います。

未来への分岐点

私事ではありますが、市議、初当選の頃3歳だった息子が今年、晴れて成人式を迎えます。支えて頂いた地域の皆様には心から感謝を申しあげます。今、高知の将来を担う若者が都会へと出て行く流れが止まりません。理由には同じ仕事をしても賃金に格差があり都会を選択するといいます。だからこそ、子育てや教育、介護、仕事づくりを支援することが重要で地方が生き残る『鍵』だとも思います。

 特に教育現場では学力テストなど評価と競争の中で不登校児童やいじめが増え続けていますが、なぜ勉強するのか、学校や学力とは何か、教育の原点が問われています。

現場主義を貫いて

 今年も地域で起きている事をこの目で確かめ、みんなと心一つに行動する年にしたいです。昨年は世界的に活躍した日本人、緒方貞子さんや中村哲さんが亡くなった年でもありました。紛争や飢餓に苦しみ、命の危機にある人々に向き合い、分け隔てなく、どんな困難も、あきらめず、打ち破いてきたふたり。生き方を心から尊敬しました。共通しているのが「現場主義」。緒方さんは「誰もとりこぼさない」と言う言葉で勇気と希望を与え続けていました。中村さんは医師でありながら悲惨なアフガニスタンの現状に向き合い、地域の人々共に用水路を造り、砂漠化した土地を小麦が育つ緑の田畑に変えました。 私たちはどう生きるのか、問われている気がします。考えると、ワクワクしてきます。

 さあ、明日に向かって動き出しましょう!

 

 

| | Comments (0)

2019.03.25

日曜市で宣伝!

吉良県議と日曜市で宣伝しました。 

Dsc_0794


| | Comments (0)

まもなく選挙突入!

県議会選挙投票日4月7日、市議会選挙投票日4月21日
 小さい菜の花が手を振るように揺れている。季節は自然の法則でうつり変わるが政治はそうはいかない、私たち主権者が動かないと変らないという法則だ。つまり、世論で変えられると言う事でもある。
 大好きな春はもう目の前、いつにない緊張感と体の底からこみ上げてくる熱いものをフツフツと感じる。それは何からなのか。
マイクを握ると出会ってきたみんなの顔が必ず浮かんでくる。笑顔だけじゃない、涙や怒りも、苦しみの姿も蘇る。話をすればするほど政治変革への期待と、同じぐらい政治への「あきらめ」も知る。「あきらめ感」は何をうむか、考えない人間を増やすのだ。しんどい事、ややこしい事は誰でも避けたいもの。考えない事は楽だけれど権力者にとって、これほど嬉しいことはないのだ。
あきらめは安倍政権を延命さすことになる。私はみんなと共にあきらめない。4月の選挙戦で政治は変わるという希望を語り、闘って!闘って闘い尽くして、次にバトンを繋ぎたいと思う。

| | Comments (0)

2018.12.05

赤旗まつり 大成功 たい焼き!

1543137332197

 赤旗まつりは1800人もの方が参加、大成功!
私たちは「たい焼き」の店をだし、500個近く焼きました。
参加、協力して頂いたみなさん、ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.10.10

オーテピア西敷地 高層ビルは許さん!

 アゴが外れるほど驚くような話が共産党市議団が主催した議会報告会(50名参加)の場で出た。 

1539066310109

 西敷地問題に関る特定業者の社長さんとの会話で「市は得する」「僕もやりとうてやりゆうがやない」「ゴミ山にしたらえいわ」と言われたという。
 特定業者は市との協議の中で議事録には「新会社から請負って設計・工事を行う立場」とある。やりたくなくてやっているとしたら、特定業者に工事を発注する新会社とはいかなる所か。
 ゴミ山発言も許されない。広場として活用してはという多数の市民の願いを「ゴミ山」とは。
この様な市民を馬鹿にした考えの事業者に市民の財産の土地をあけ渡すわけにはいかない。
 歴史ある思い出詰まる土地、お城に一番近い小学校だった土地を「ゴミ山」にしたらえいわと言う財界集団と市が一緒に事業をやっていることに、過去からも未来からも、嘆きが聞こえてくる!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.09.20

子育て署名がスタート!

 平和と生活を守る高知市民の会が子育て応援の施策を求めて署名をスターしました。
新年度、向けて取り組んでいます。 ご協力をよろしくお願いします。
 署名用紙が欲しい方はご連絡ください!
     
子育て・教育支援の拡充を求める署名 

 少子化や人口減少が進む県内の実態をみても、本来、高知市の役割である、人口の県外流出の歯止め、ダム機能が果たせていません。原因は全国、県内の自治体と比べても高知市の子育て支援策が遅れているからです。
 多くの若者、子育て世代が安心して高知市で暮らせる様に、さらに子育てや教育を応援する政策の拡大と充実が急務となっています。   以下の項目について、早急に実施する事を求めます。 

              
  要求項目

① 小中学校にクーラー設置
② 小・中学校で就学援助金の入学前支給 
③ 保育・放課後児童クラブの待機児童解消 
④ 中学校卒業まで子どもの医療費無料化を拡大
⑤ 学校給食の無料化

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.07.05

子どもから見える貧困と格差社会 記念講演

1528095443482

S__90578966


 ぎりぎりの子育て「救われた」

 こども食堂と出会い、心と地域が変わったとの声の数々


 県議会では自民党県議がこども食堂について「増えれば家庭の教育力の弱体化を招きかねない」と質問した。
地域から驚きと怒りの声が上がっている。
 7月1日、平和と生活を守る高知市民の会が主催した講演で松本信乃弁護士から「こどもを通して見える貧困
社会」と題して、貧困がいかに憲法で保障されている「自由と権利」を奪うものなのか、また理解する力をつける
教育こそ必要だという話しがあった。

 子ども食堂こうちの皆さんや市社会福祉協議会の職員、地元大手スーパー、市場弘化台、医療団体、大学生
、中学生、色んな方からの報告や意見が出された。
 参加した27歳2児の母は「子育てする中で頭がおかしくなりそうな時、子ども食堂と出会って、救われた気持
ち、温かい心になったと」話してくれ、必死にがんばる母の話しに皆が涙を拭った。
そして母は怒りを込めて先日の自民党県議の発言を強く、抗議した。
 どんな環境であっても子ども達が人生を切り開いていける様な支援が必要だと改めて認識を確認し合った。
 
 保護者の教育力不足を批難しても真の解決にはならない。リアルな実態を見る事抜きに救えないという弁護士
の言葉に、皆が力を合わせようと盛り上がりました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.06.01

高齢者の買い物支援が急務

高崎市、商店街の商品を高齢者に宅配 


 買い物に困っている高齢者は高知市でも増えており「買い物」支援は急務となっています。
 市内では大手スーパーが移動販売や宅配を広く行う様になっていますが、そこで、全国はどうか、小売業や地元商店街と連携し、地域経済にも貢献する買い物支援はないのか、調べてみました。
 群馬県高崎市では商店街(商店連盟)の商品を高齢者や交通弱者のお宅に1回100円で届ける事業を平成23年8月から行っています。
当初、週1回でしたが、スーパーが減るなど買い物難民が増えた為、現在は週2回配達しているといいます。平成29年度の事業費は人件費も含めると130万円、その内80万円は市の補助金です。
 民生員さんや社会福祉協議会とも連携して地域の高齢者サロンを回り、配達事業を紹介、困っている方20軒ほどに毎週配達しているそうです。


  高齢者も商店街も喜んでいる


 商店連盟の女性は「規模は小さいですが、配達料1回100円は安く喜ばれている、商店街も商品が売れ、双方に効果がある」「地域の電気屋さんが高い所の電球も取替えてくれ喜ばれた」と話します。
 高崎市は小売業、商店街の販売促進に繋がる事業、イベントなどに補助金を事業費の3分の1(上限60万円)出し、さらに福祉の向上に資する取組みには3分の2(上限120万円)を補助しています。この補助制度がなければ、事業は難しいと商店街の方も話します。地域を良く知り、雇用も経済も担う小売業や商店街の力を活かし高齢者の生活を応援する取組みは大変参考になると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧